八国山たいけんの里 -夜の昆虫観察会-
2016/08/31(Wed)
お盆最中の13日、東村山市の八国山たいけんの里主催、恒例の「夜の昆虫観察会」が行われました。市報等で募集したところ、定員を上回る多くの応募があり、お断りせざるを得ない方もでる人気イベントです。
観察会は、まず日没頃から八国山の雑木林を歩きます。樹液に集まるカブトムシ、カナブン、シタバガの仲間などの昆虫の他、ゲジ、ムカデ、ザトウムシなどなかなか目にすることのない、ちょっと変わった虫たちも見ることができました。
そして、観察会の目玉はライトトラップです。真っ暗な林の中で大きな布をライトで照らして、集まってくる昆虫たちを観察します。

ライトトラップ160813
ライトトラップ

毎年密かに待ち焦がれてる昆虫がいますが、この日は来てくれるでしょうか?
少しずつコガネムシの仲間や小型のガの仲間などがやって来ます。しばらくした頃、突然バサバサと音がして大きなものが飛び込んで来ました。ついに現れました。インパクトたっぷり、ライトトラップの主役とも言える10cmを超える大きなヤママユです。八国山ではまれにまゆを見ることがありましたが、やっと成虫に会うことができました。

ヤママユ160813a
ヤママユ

私たち世代にはお馴染のまさにモスラです。子供たちも親御さんたちも、さすがこの観察会の参加者は、ヤママユを見ても恐がったりしません。それどころか、背中を触ってウサギのようにふわふわだと言ってる女の子すらいました。
来年もお盆の頃に開催すると思うので、何がやって来るか楽しみにぜひ参加してみてください。

ヤママユ160813b
ヤママユ

※全ての写真ははっちこっくメイトのS.Sさんより
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
仙台七夕
2016/08/21(Sun)
8月7日、仙台七夕の真っ盛りですが、久しぶりに仙山線で仙台郊外作並の山地帯に行ってみました。ミヤマカラスシジミをメインに、いくつかの蝶が撮れればいいなという感じでしたが、この日は強烈な暑さにへこたれぎみです。
蝶もあまり現れずに、セセリチョウがいくつか見られた程度です。

コチャバネセセリ160806
コチャバネセセリ

キマダラセセリ160806
キマダラセセリ

希少種スジグロチャバネセセリは、とりあえず1枚撮ったところで飛ばれてしまいました。

スジグロチャバネセセリ160806
スジグロチャバネセセリ

帰りの電車の時間が近づきますが、目当てのミヤマカラスシジミは姿を見せてくれません。あきらめて帰ろうとした頃ようやく吸蜜しているところを見つけました。

ミヤマカラスシジミ160806
ミヤマカラスシジミ

tanabata160806_convert_20160822113307.jpg
仙台七夕
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |