ヨシゴイ
2016/06/30(Thu)
19日、仙台市内にある人工池に出かけてみました。
わずかに茂る水生植物にはヨシゴイが潜んでいました。日本には夏鳥として渡来する、環境省・宮城県ともにレッドリストに掲載される希少な小さいサギです。

ヨシゴイ160619c
ヨシゴイ

両足を広げて植物の茎をうまくつかんで餌の水生生物を狙います。

ヨシゴイ160619b
ヨシゴイ

見つけると獲物の方に首を伸ばして一撃です。

ヨシゴイ160619a
ヨシゴイ

近くではバンが水面の植物を食べていました。バンも東北では夏のみに見られます。

バン160619
バン
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
会津の虫たち
2016/06/26(Sun)
16日から17日にかけて、福島会津地方の柳津町の山間部にいました。
環境省レッドリストで希少種とされているヒメシジミはあちこちで見ることができました。オスはきれいなブルーをしています。

ヒメシジミ160616
ヒメシジミ

交尾中のペアも見られました。

ヒメシジミ♂♀160616
ヒメシジミ

サカハチチョウはまだ複雑模様の春型です。

サカハチチョウ160616
サカハチチョウ

華麗なミヤマカラスアゲハは路上で吸水していました。

ミヤマカラスアゲハ160616
ミヤマカラスアゲハ

オオミスジが幼虫の食草の古い梅の周りに数頭見られました。

オオミスジ160616
オオミスジ

路上には、原始的な形質を持つ日本特産種、ムカシヤンマがとまっています。

ムカシヤンマ160617
ムカシヤンマ

草の上にはダビドサナエがとまっていました。

ダビドサナエ160617
ダビドサナエ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
昆虫でも意外な種が
2016/06/24(Fri)
11日は、台原森林公園でシジミチョウのゼフィルスの仲間を見つけるのが一番の目的でした。
まだ発生初期と思われ、きれいなアカシジミが現れましたが、すぐ飛び立ってしまい撮影できませんでした。
次いでウラナミアカシジミも姿を見せてくれました。

ウラナミアカシジミ160611
ウラナミアカシジミ

そのそばを大きめの黒い蝶が舞っています。とまったところを確認すると、予想外のミスジチョウでした。幼虫の食草のイロハモミジ等はそこそこ生育してるので、ここで繁殖しているのでしょうか。

ミスジチョウ160611
ミスジチョウ

トンボでも予想外の出会いがありました。仙台郊外ではしばしば見かけるエゾイトトンボが水際にいました。

エゾイトトンボ160611
エゾイトトンボ

近年、各地でカシノナガキクイムシに起因するナラ類の枯死が目立っています。台原森林公園でもコナラの被害が深刻で、食害を受けて樹液を流している木が多く見られます。そこにはシロテンハナムグリが集まっていました。

shirotenhanamuguri160611_convert_20160619224353.jpg
シロテンハナムグリ

遠目にアオカナブンかと思ったほど緑に見えた緑色型のシロテンハナムグリもいました。

shirotenhanamugurib160611_convert_20160619224427.jpg
シロテンハナムグリ

台原森林公園は、主木とも言えるナラ枯れとマツ枯れがかなり目立ちます。健全な森林が守られれば良いのですが。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
こんなヨシ原に
2016/06/19(Sun)
11日、久々に仙台MFの台原森林公園に行ってみました。
この時期、鳥の撮影はほとんど期待していませんが、小さなヨシ原で意外な鳥に出会いました。ヨシ原で繁殖するオオヨシキリが囀っています。姿が見えないのでしばらく待っていると、脇の桜の木に飛び上がって来ました。

オオヨシキリ160611a
オオヨシキリ

人通りが多いので、ヨシ原に隠れたり桜の木で囀ったりを繰り返しています。下の写真ではなぜか片足で囀っています。果たしてこんな小規模なヨシ原で繁殖できるのでしょうか?

オオヨシキリ160611b
オオヨシキリ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
今年もスタート
2016/06/11(Sat)
4日、今年も東村山市の小学生たちとの土曜講座がスタートです。この日はMFの雑木林でみんなで昆虫観察を行いました。
特に蝶たちはたくさん見たり捕まえたりすることができ、発生直後のきれいなゼフィルスも多く見られました。ウラナミアカシジミは子供たちに赤くないよと言われてしまいました。

ウラナミアカシジミ160604
ウラナミアカシジミ

ミズイロオナガシジミは水色じゃないよと言われませんでしたが・・・

ミズイロオナガシジミ160604
ミズイロオナガシジミ

きれいなコウチュウも観察できました。写真ではわかりにくいのですが、アオマダラタマムシは金緑青色に輝いていました。

アオマダラタマムシ160604
アオマダラタマムシ

赤い体がよく目立つベニカミキリも見られました。

ベニカミキリ160604
ベニカミキリ

この日は多くの虫たちを楽しみましたが、ずっと子供たちに虫への関心を持っていてほしいものです。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ヒメシロチョウ
2016/06/05(Sun)
5月のある日、仙台に来てから初めて宮城のヒメシロチョウに会いに行ってみました。
ヒメシロチョウは環境省、宮城県ともにレッドリストのほぼ最高ランクの大変希少な蝶です。いくつかの都県では既に絶滅するなどし、宮城でも生息地が極めて限定的となっています。
生息地に着くと、ふわふわと比較的ゆっくり飛ぶ白い蝶がいます。ヒメシロチョウです。

ヒメシロチョウ160514b
ヒメシロチョウ

翅はほぼ真っ白で模様がなく、華奢な感じのなんてことのない蝶です。

ヒメシロチョウ160514d
ヒメシロチョウ

ヤハズエンドウで吸蜜している個体もいます。

ヒメシロチョウ160514a
ヒメシロチョウ

幼虫の食草ツルフジバカマへの産卵行動も見られました。

ヒメシロチョウ160514c
ヒメシロチョウ

ツルフジバカマは決して珍しい植物じゃないのに、ヒメシロチョウは各地で急速に姿を消してしまいました。なんとかこの地のヒメシロチョウが、生き続けることを祈るばかりです。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |