会えなかったけど・・・
2015/07/31(Fri)
26日、仙台市の泉ケ岳中腹に、ある蝶を探しに行きました。
見られる可能性のありそうな、比較的狭い範囲を集中的に回りましたが、この日も目的の蝶には会えませんでした。しかし、それ以外の蝶がいろいろ姿を見せてくれ、結構楽しむことができました。
華麗なシジミチョウ、ゼフィルスの仲間たちが林縁や林床に見られました。メスアカミドリシジミのメスは林床の下草にとまっていました。

メスアカミドリシジミ150727
メスアカミドリシジミ

さらに林床にウラキンシジミがいました。既にスレていて金色味が少ないですが・・・

ウラキンシジミ150727
ウラキンシジミ

林縁では木の葉の上にウラミスジシジミが見られました。

ウラミスジシジミ150727
ウラミスジシジミ

この日よく見られたゼフィルスは、ウラナミアカシジミで数頭が見られました。

ウラナミアカシジミ150727
ウラナミアカシジミ

ゼフィルス以外では、環境省レッドリスト記載の希少種、スジグロチャバネセセリが数頭見られました。

スジグロチャバネセセリ150727
スジグロチャバネセセリ

林内ではコムラサキがクヌギの樹液に来ていました。

コムラサキ150727
コムラサキ

草地ではジャノメチョウがたくさん見られました。

ジャノメチョウ150727
ジャノメチョウ

きれいなカミキリムシも見られました。イイジマトラカミキリは虎柄の小さいカミキリです。この種もハチに擬態しているのでしょうか。

ニイジマトラカミキリ150727
イイジマトラカミキリ

アカハナカミキリは花にやって来るカミキリで、比較的普通に見られます。

アカハナカミキリ150707
アカハナカミキリ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
渓谷のゼフィルス
2015/07/29(Wed)
12日、山形県境に接する仙台市の二口渓谷を歩いてきました。県境峠のゲートまで往復10km、標高差400mの林道を踏査するなかなかハードなコースです。
車を降りると迎えてくれたのはシマヘビでした。まだ小さく草の上に乗っています。

シマヘビ150712
シマヘビ

登り道では10時過ぎに2頭のエゾミドリシジミのオスが路上で吸水していました。場所を変えるために飛ぶと、緑のきらめきが点滅するようです。

エゾミドリシジミ150712
エゾミドリシジミ

すぐそばでフジミドリシジミのメスも吸水していました。

フジミドリシジミ150712
フジミドリシジミ

お昼前後には標高1000m程の峠付近で、あるジャノメチョウを探索してみましたが見つかりませんでした。一帯はブナが優占する樹林ですが、林道工事で改変が進んでいます。
下り道では小さな沢に張り出した枝先で、15時頃にメスアカミドリシジミのオスが占有行動をしていました。

メスアカミドリシジミ150712
メスアカミドリシジミ

同じ頃、やや高い樹上ではたくさんのエゾミドリシジミのオスが卍巴飛翔を繰り広げていました。この日は全体的に蝶の種類は多くなかったのですが、ゼフィルスだけは比較的よく見られました。
最後に車に戻る直前、今度は離れた対岸からアナグマが見送ってくれました。

アナグマ150712
アナグマ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
七北田川源流域
2015/07/24(Fri)
11日、ゼフィルスを狙って仙台泉区の七北田川源流域に行ってみました。車はもちろん、人も来ないような林道を探索します。
路上では先端が尖った翅のスジボソヤマキチョウが吸水していました。この蝶は来年の初夏まで生き延びます。

スジボソヤマキチョウ150711
スジボソヤマキチョウ

クモガタヒョウモンも吸水しています。間もなく夏眠に入るのかもしれません。

クモガタヒョウモン150711
クモガタヒョウモン

オカトラノオでは華麗なミヤマカラスアゲハが吸蜜していました。

ミヤマカラスアゲハ150711
ミヤマカラスアゲハ

山深い環境的にはいい感じの所なのですが、撮影したのはこの程度で蝶の姿は寂しいものでした。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
夏のサギ
2015/07/18(Sat)
7月5日、蝶を求めて泉ヶ岳方面に向かいました。
途中の仙台市泉区の水田地帯にサギたちがいるのが見えたので、ちょっと立ち寄ってみるとたまたま2種類のサギが畦に並んで立っていました。

アマサギ&チュウサギ150705
チュウサギ(左)、アマサギ

写真の左側はチュウサギで、夏鳥として繁殖するために日本に渡って来ますが、環境省レッドリストに該当する希少種です。
右側のアマサギも同じく夏鳥として日本にやって来ますが、小さめのサギで繁殖期にはオレンジ色になります。
泉ヶ岳では中腹を歩いてみましたが、この日の主役のはずの蝶は目ぼしいものが見られません。
前日も見たカミキリのそっくりさん、アオカミキリモドキが栗の花に来ていました。

アオカミキリモドキ150705
アオカミキリモドキ

そして、本物のカミキリ、ヨツスジハナカミキリも見られました。

ヨツボシハナカミキリ150705
ヨツスジハナカミキリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
そっくりさん
2015/07/16(Thu)
7月4日、買い物ついでにMF台原森林公園に寄ってみました。
すると小さな谷間から華麗な囀りが聞こえてきます。耳を疑いましたが、まぎれもなくオオルリです。繁殖時期終盤の今の時期に、ここでオオルリが確認できるのは異例なことです。すぐ家に望遠レンズを取りに戻って、なんとか撮影できないか粘ってみましたが、残念ながら見える所には出てきてくれませんでした。
森の下草にはキイロカミキリモドキが見られました。名前の通りカミキリのそっくりさんです。しかし、有毒物質を持つちょっと恐いコウチュウです。

キイロカミキリモドキ150705

キイロカミキリモドキ

そして、さらにこれらのそっくりさんのセボシジョウカイも見られました。こちらは毒はありませんが、肉食性でもあるちょっと恐いコウチュウです。

セボシジョウカイ150704
セボシジョウカイ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |