岩手のタカチホヘビ
2014/10/29(Wed)
15日に出張先の花巻市でタカチホヘビに出会いました。岩手県レッドリストに記載される希少種で、花巻市では公式な記録はないようです。
小さなヘビでU字溝等が生存の脅威となっているようで、今回も2個体が樹林地のコンクリート3面張り水路に落ちていました。
背筋に黒いラインがある他あまり特徴のない地味なヘビで、森林に住み主に夜行性・半地中性のために、いるはずなのに見つけることは難しく、幻のヘビとも言われるそうです。

タカチホヘビ141015
タカチホヘビ
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
冬鳥到来
2014/10/26(Sun)
10月最後の週末は土日とも快晴に恵まれました。今回も台原森林公園をまわってみます。
広場を歩いていると上からカシラダカらしき声が聞こえてきます。どこにいるのかと探していると目の前の木に降りてきてくれました。やはりカシラダカが3羽。ここにもいよいよ大陸から冬鳥が渡って来ました。

カシラダカ141026
カシラダカ

すると同じ木にジョウビタキのオスが飛び込んで来ました。やはり大陸からの冬鳥です。この日は他にも何箇所かで見聞しました。

ジョウビタキ141026
ジョウビタキ

ヨシ原ではアオジが体をふくらませてだるまのようになりまったりしていました。アオジは高原などから越冬のためにやって来ます。

アオジ141026
アオジ

マツ林ではカラ類の混群の中に、ずい分多くヒガラが見られます。これだけいれば越冬していくものもそこそこいるでしょう。

ヒガラ141026
ヒガラ

仲間のヤマガラはここでは一年中見られる常連です。

ヤマガラ141026
ヤマガラ

池ではカワセミのメスがダイビングで採餌をしていました。どうやらザリガニを捕まえたようです。

カワセミ141026
カワセミ

上空高く、タカの一種ノスリが通過して行きました。

ノスリ141025
ノスリ

森の小径を歩いていると、スッと影が横切って行きました。木々の間から思わぬ大物が見えました。

オオタカ141026
オオタカ

彼に襲われたと思われるドバトの食痕がありました。糞害などで迷惑者ですが役立つこともあるようです。

オオタカ食痕141025
オオタカ食痕(ドバト)
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
秋の台原の生き物
2014/10/21(Tue)
10月になり、週末に2週連続で台風が上陸という前代未聞の天候でしたが、18日は絶好の天気に恵まれました。しかし、季節柄遠出をしても収穫はあまり望めないので、MFの台原森林公園でじっくり観察することにしました。
森を歩くと時折カラ類の混群に遭遇します。中にゴジュウカラが入っている群がありました。9月に出会ったゴジュウカラでしょうか? ヒガラも数羽が確認できました。果たしてここでこのまま越冬していくのでしょうか?

ゴジュウカラ141018
ゴジュウカラ

一番多く目にした蝶はウラギンシジミで、林縁の樹木にまとわり付くように飛んでいる姿をよく見ました。

ウラギンシジミ141018
ウラギンシジミ

草地にはヤマトシジミがチラチラ舞う姿もよく見られました。

ヤマトシジミ141018
ヤマトシジミ

モンキチョウのメスが、幼虫の食草のアカツメクサのまわりを舞ったり吸蜜したりしています。

モンキチョウ141018
モンキチョウ

一頃多かったイチモンジセセリはすっかり数が減りました。

イチモンジセセリ141018
イチモンジセセリ

アカトンボはアキアカネは普通に見られましたが、他の種は確認できませんでした。

アキアカネ141018
アキアカネ

水辺では少数のオオアオイトトンボが見られました。

オオアオイトトンボ141018
オオアオイトトンボ

成虫で越年する変わり者のトンボ、オツネントンボも草地に少数がいました。

オツネントンボ141018
オツネントンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |