今週も蒲生
2014/08/31(Sun)
8月最後の日の31日は、先週に続いて旬のシギ・チドリを見に蒲生干潟に行ってみました。
しかし、この日も潮の具合が良くないのか、お目当てはほとんど見られません。かなり探してやっとオバシギが1羽見つかりました。シベリア等の繁殖地から東南アジアや豪州に越冬に向かう途中です。

オバシギ140831
オバシギ

オバシギをカメラで追っていると、ファインダーにソリハシシギが飛び込んできました。やや短足でくちばしが反っているのが特徴的です。やはり渡りの途中です。

ソリハシシギ140831
ソリハシシギ

今日もミサゴはよく現れます。片足に捕まえた小さな魚を掴んでいました。

ミサゴ140831
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ウスバキトンボ
2014/08/30(Sat)
まだ8月なのに、ぐずついた涼しい日が続きます。遠出できそうもないので、30日は買い物ついでに台原森林公園に寄ってみます。
お盆の頃から開けた場所を集団で飛び交うトンボたちが目に付きます。ウスバキトンボです。
南方系のトンボで、仙台では寒さのため成虫をはじめ全ての段階で越冬できず、冬になると死滅してしまいます。そして、春になると南方から世代を重ねてまた北上するということを繰り返します。

ウスバキトンボ140830b
ウスバキトンボ

日中はずっと飛びっぱなしで、普通種なのに意外に撮影に手こずります。運良くウスバキトンボがイチョウにとまってくれました。驚くことにバックの葉っぱがもう黄色くなっています。

ウスバキトンボ140830a
ウスバキトンボ

水路付近にはハグロトンボも見られました。

ハグロトンボ140830
ハグロトンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ちょっと遠い!
2014/08/29(Fri)
23日は蒲生干潟に寄ってみました。そろそろ北からやって来るシギ・チドリの秋の渡りの第一陣の時期ですが、パッと見あまり姿がありません。双眼鏡で対岸を覗くとちょこちょこ動いているのが見えますが、ちょっと遠くて識別できません。
それでも大きなオグロシギが1羽いるのがわかりました。繁殖地のシベリア等からやって来て、東南アジアや豪州に越冬のために渡っていきます。

オグロシギ140823
オグロシギ

干潟でのんびり待っていると、時々近くにやって来るものもいます。しかし、ここでは最も普通なキアシシギでした。

キアシシギ140823
キアシシギ

次いで来てくれたのはムナグロ。でも埼玉の内陸でも最も普通に見られるので・・・

ムナグロ140823
ムナグロ

上空には魚を狙うタカ、ミサゴが舞っていました。

ミサゴ140823
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
残念 ― 夜の昆虫観察会
2014/08/17(Sun)
16日は東村山市報でも公募した、八国山たいけんの里の夜の昆虫観察会です。講師役なので、下見を兼ねて昼過ぎからMFを歩きまわってました。雲がかかって蒸し暑く、ライトトラップなどには良いコンディションです。
林縁にはここではあまり見ることのないアカトンボ、ミヤマアカネがいました。

ミヤマアカネ140816
ミヤマアカネ

植えられた花にオオスカシバが来ていました。蛾の一種ですが知らない人はハチかと思うような姿です。鱗粉のない特異な透明の翅を、1秒間に70回以上と言われる高速で羽ばたいて、ハチドリのように飛び回りながらホバリングして吸蜜します。

オオスカシバ140816a
オオスカシバ

下の写真は1600分の1秒の高速シャッターで撮影したため、翅を開いて花にとまっているように見えますが、実際には高速で羽ばたいてホバリングしており、肉眼では翅が見えません。

オオスカシバ140816b
オオスカシバ

蝶の姿はあまりなく、林縁でダイミョウセセリやルリタテハを見かけた程度でした。

ダイミョウセセリ140816
ダイミョウセセリ

ルリタテハ140816
ルリタテハ

夕方が近づくとにわかに空が黒くなってきました。まずいなー思っているとすぐに雨が降り始め、雨雲レーダーではしばらく降り続きそうだったので、やむなく夜の昆虫観察会は中止の決定がされました。楽しみにしてたのに残念!
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
カラスシジミ
2014/08/10(Sun)
3日は仙台市の山形県境近くにある二口渓谷に行ってみました。昨年の7月にも同じ場所を訪れ、それなりに蝶たちが撮影できたので、この日も期待をしていました。
ところが蝶たちはさっぱり姿を見せてくれません。自然度の高いブナ林をはじめ、落葉広葉樹林が広がった環境的には良好な場所ですが、いったいどうしたことでしょう。なんとシャッターを切ったのはクジャクチョウのみです。

クジャクチョウ140803
クジャクチョウ

打ちひしがれて帰りの車に乗り込み、エンジンをかけてふと前を見ると、ヨツバヒヨドリの花に小さな蝶がとまっています。もしやと思いカメラを持って近づくと、正しく今日の目標の1つ、カラスシジミです。
地味な蝶ですが、宮城県ではレッドデータブックに記載される希少種です。白い花で吸蜜するカラスシジミの写真が撮れたらいいなと思っていたので、最後に想像通りの場面が実現して、うれしい気持ちで帰ることができました。

カラスシジミ140803
カラスシジミ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
夏のアゲハ類
2014/08/10(Sun)
8月2日、会社に行かなければならなかったので、台原森林公園の中を隣の駅まで歩いて行きました。
クサギの花が満開になっており、クロアゲハやカラスアゲハが吸蜜に訪れていました。

クロアゲハ140802
クロアゲハ

キアゲハが草地の上をふわふわ舞っています。幼虫の食草、セリ科の植物を探して産卵していました。

キアゲハ140802a
キアゲハ

キアゲハ140802b
キアゲハ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |