今年の初蝶
2014/03/30(Sun)
29日、ようやく春の気配が漂うようになったMF台原森林公園を回ってみました。晴天・無風、20℃を超える暖かさで、蝶が現れるのは間違いありません。
歩き始めてすぐ、ルリタテハが迎えてくれました。今年はこれまで他の所で蝶の姿は見ていましたが、撮影できたのはこれが初めてです。成虫越冬ですが、破損のないきれいな翅をしています。

ルリタテハ140329
ルリタテハ

同じタテハチョウの仲間、やはり成虫越冬後のキタテハも姿を見せてくれました。

キタテハ140329
キタテハ

上空高く、ここではほとんど見られないタカ、ノスリが輪をかいて飛んでいました。

ノスリ140329
ノスリ

森の中では繁殖の準備に入ったカラ類がにぎやかです。ヤマガラがよく囀っていました。

ヤマガラ140329
ヤマガラ

シジュウカラや、この冬始めての確認となったヒガラも囀っていました。
足元近くからは突然ヤマシギが飛び出し驚きました。ここで越冬していたのか、旅の途中でしょうか?
歓迎されない鳥もいました。特定外来生物ガビチョウです。人が近くても気にせず、ペアでいたので数が増えてしまうことが心配です。

ガビチョウ140329
ガビチョウ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
後ろ髪
2014/03/21(Fri)
先週末はヒレンジャクに会いに、さいたま市にも出かけてきました。
華麗な容姿にファンが多い鳥で、冬鳥として大陸から渡ってきますが、年による当たりはずれが大きく、今年はちょっと前からこの場に現れているようです。
他の鳥はまず食べない寄生植物ヤドリギの実が大好きという変わり者で、多くのギャラリーと共にその近くでしばらく待っていると、小さな群れがやって来ました。
しかし、なかなか良い場所には出てくれず、撮影にはかなり苦戦しました。

ヒレンジャク140316a
ヒレンジャク

ヤドリギの粘り気のある黄色い小さな実を盛んに食べています。

ヒレンジャク140316b
ヒレンジャク

ヤドリギの実を食べるとのどが渇くようで、盛んに水場に降りて水を飲みます。

ヒレンジャク140316c
ヒレンジャク

ヒレンジャクは飛び去ることなくずっといてくれたのですが、この日は時間の制約があったので、後ろ髪を引かれる思いでこの場を去りました。
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
やっぱり近い
2014/03/18(Tue)
15日の土曜日は、東村山MFで八国山たいけんの里のガイドでした。
今シーズン合言葉になっているように、どこに行っても冬鳥が少ないようですが、この日も冬鳥はあまりいません。
仙台では人と鳥の距離を遠く感じますが、この時期首都圏ではやけに近くなります。
数少ない冬鳥のツグミは、すぐ目の前で平気で餌を探しています。

ツグミ140315
ツグミ

アオジにいたっては餌探しを中断し、目の前で羽毛をふくらませてほっこりしてしまいました。

アオジ140315
アオジ

今シーズンほとんど見れてないシロハラは、近くに来てくれませんでしたが・・・

シロハラ140315
シロハラ

池にはヤカアカガエルの卵塊が多数見られ、今年の初蝶キタテハも見ることができました。
東京はもう春なんですね。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
賑やかなMF
2014/03/02(Sun)
土曜日(1日)はどこに行こうか迷った挙句、天気が今イチなのでMF台原森林公園に行くことにしました。
このところ穏やかな日が続いてましたが、まだ公園内はかなり雪が残っています。おかげで人影も少なく、鳥見には好都合です。
冬枯れの林で最も目立つのはカケスです。飛び回りながらカラスの仲間らしいダミ声や鳴きまねなど賑やかです。

カケス140301
カケス

アオジもあちこちで比較的よく姿を見ます。

アオジ140301
アオジ

逆立ちしたシルエットに、一瞬ゴジュウカラかと思いましたが、近寄ってみるとメジロでした。最近はいつも木の幹で餌を探しています。

メジロ140301
メジロ

ルリビタキは土の上に舞い降りて餌を探していました。

ルリビタキ140301
ルリビタキ

ここでは今の時期でも警戒心が強いツグミが、珍しく開けた所で堂々と餌を探していました。

ツグミ140301
ツグミ

そして、そのそばにはシメもいました。比較的普通の冬鳥なのに、なぜかここではまともに見たことがなく、もちろんここでの撮影も初めてです。

シメ140301
シメ

しばらくツグミとシメを見ていると、どこかからアトリの声が聞こえてきます。探してみると、少し離れた木の上の方に数羽止まっているのが見つかりました。近くに来ないかと願っていると、なんと50羽程の群れがツグミの近くに舞い降りてきました。
大陸から冬鳥としてやって来ますが、オスはもう頭が黒い夏羽になっているものもいました。

アトリ♂140301
アトリ(オス)

メスと冬羽のオスは似たような姿をしています。

アトリ♀140301
アトリ(メス)

地面に落ちているカエデ類の種子を食べているようで、一通り食べると雪解け水の水溜りで水浴びを始めました。

アトリ140301
アトリ

この日は遠出をしなくても、家のそばでいろいろ見ることができてラッキーでした。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |