渡りの鳥は?
2013/09/30(Mon)
28日、渡りの鳥を求めて海へ行きましたが何もいません。
早々にあきらめて仙台のMF、台原森林公園に転進しました。
しかし、森にもさっぱり渡りの鳥の気配がありません。いったいどこにいるのでしょう?
蝶たちはそこそこ姿を見せてくれます。
草地ではモンキチョウの交尾が見られました。

モンキチョウ130928
モンキチョウ(左:メス)

目の前にいきなりアカタテハが舞い降りました。しかし、1枚シャッターを切っただけで飛び去ってしまいました。

アカタテハ130928
アカタテハ

盛りを過ぎたハギの花ではキチョウが吸蜜しています。

キチョウ130928
キチョウ

木陰のアザミ類では、山から降りて来たのでしょう、オオウラギンスジヒョウモンが吸蜜していました。

オオウラギンスジヒョウモン130928
オオウラギンスジヒョウモン

ミドリヒョウモンはこの森では初めての遭遇です。残念ながらちゃんと撮影させてくれませんでした。

ミドリヒョウモン130928
ミドリヒョウモン

この時期、梢のあたりをちらちら舞っているウラギンシジミ。これも今までここでは撮影できず、やや下に降りて来た個体をかろうじて撮影できました。

ウラギンシジミ130928
ウラギンシジミ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
トンボ公園
2013/09/26(Thu)
22日、埼玉寄居のトンボ公園に行ってみました。
朝、所沢ICに行ってびっくり、関越道は新潟方面からずっと渋滞が繋がっています。やむなく下道で行くことにしました。しかし、下道もかなり混んでいて、寄居に着いたのはもうお昼。帰りも大渋滞が予想されたので、いくつかあるトンボ公園の中で、最も良さげな所に行くことにしました。
公園はほどよく湿地が配置され、いかにもトンボがいそうです。しかし、なぜかトンボは思ったほど見られません。
最もよく見られたのは日本最小の赤トンボ、ヒメアカネです。今回の目標の1つでもあったので、これはうれしいことです。そばにいたアキアカネより明らかに小さく、顔の白さが目立ちます。

ヒメアカネ130922b
ヒメアカネ

ヒメアカネ130922a
ヒメアカネ

他にはオオアオイトトンボやオニヤンマ、正体不明なヤンマ類が見られた程度でした。

オオアオイトトンボ130922
オオアオイトトンボ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
MFのツツドリ
2013/09/24(Tue)
20日は随分久しぶりに東村山のMFに行ってみました。
このところ気温が低くなってきたので、高地に避暑に行っていたアキアカネの姿もちらほら見られます。

アキアカネ130920
アキアカネ

やはり山から降りて来る個体が増えるのでしょう。秋になるとMFでも見る機会があるミドリヒョウモンも、オス・メス揃って見ることができました。

ミドリヒョウモン♂130921
ミドリヒョウモン(オス)

ミドリヒョウモン♀130920
ミドリヒョウモン(メス)

この日の目的は、秋の渡りの鳥たちに会うことです。
しかし、なかなか見つけることができません。一生懸命林の中を探していると、なんとなく怪しい鳥影が横切りました。やっとちらりと姿を見せてくれたのは、カッコウの仲間ツツドリでした。大きな毛虫を捕まえています。MFでは春の渡りの時に声を聞いたことはありましたが、ようやくなんとか撮影することができました。

ツツドリ130920
ツツドリ

公園の池ではこの日もカワセミがゆっくり姿を見せてくれました。しきりに上を気にしてるので、なんだろうと私も上を見上げてみると、飛び去るオオタカの姿がありました。

カワセミ130920
カワセミ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
今秋の干潟
2013/09/07(Sat)
シギ・チドリの渡りのシーズンです。北国で繁殖を終え、日本の干潟を転々として南に渡って行くのです。
9月最初の日(1日)、仙台の蒲生干潟に行ってみました。
干潟に着くと、すぐ目の前に大きなシギが1羽いました。日本にやって来る最大のシギの1つ、ホウロクシギです。幼鳥なのでまだ口ばしが短く、チュウシャクシギと間違えそうです。しかし、鳴き声や口ばしの色、上尾筒の色等いくつかの識別点で区別できます。

ホウロクシギ130901a
ホウロクシギ

水際で餌を盛んに探しています。私のことはほとんど気にせず、かなり近くまで寄って来ました。捕まえたのはカニのようです。

ホウロクシギ130901b
ホウロクシギ

だんだん潮が満ちてきて、干潟がわずかになると対岸に飛んで行ってしまいました。

ホウロクシギ130901c
ホウロクシギ

出だしが良かったのに、この日は他のシギは全く見られませんでした。
内側の池には早くも冬鳥のコガモが数羽見られ、上空には魚を捕まえた海のタカ、ミサゴが舞っていました。

ミサゴ130901
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |