頑張る虫たち
2012/11/21(Wed)
日曜日は台原森林公園で、寒さの中で頑張る虫たちにも会うことができました。
枯葉の積もる陽だまりにはアカタテハが日光浴をしていました。成虫で越冬するので、そろそろ冬眠に入るでしょう。

アカタテハ121118
アカタテハ

アキアカネは元気です。天気の悪かった土曜には全く姿を見なかったのに、この日は思いのほか多くの姿を見ました。

アキアカネ121118
アキアカネ

午後からは寒くなり、他には特に虫たちを見かけませんでした。
古川では氷点下を記録したので、虫たちに会えるのは仙台ではこれが今年最後かもしれません。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
強風の中
2012/11/20(Tue)
土曜に続き日曜も仙台のMF、台原森林公園に行きました。
基本的には晴れていますが、遠くに望む泉が岳は麓まで雲の中。時折雨がぱらつく上に、強風が吹き荒れる変な天気です。森の中は落ちてくる枝がちょっと恐いし、アカマツ林では落葉が雨あられのように降ってきます。
この日よく見られたのはカラ類の混群です。越冬にやって来たヒガラがカエデに執着してたので、なんとか紅葉と一緒に撮れないかと頑張ってみました。

ヒガラ121118a
ヒガラ

ヒガラ121118b
ヒガラ

同じカエデに、日本で最小の小鳥のキクイタダキもやって来ました。夏は主に亜高山帯で繁殖します。頭のてっぺん(頂)の黄色い菊の花びら模様もなんとか写りました。

キクイタダキ121118b
キクイタダキ

キクイタダキ121118a
キクイタダキ

ヤマガラはコナラの幹で餌を見つけたようです。

オシドリ&カルガモ121118
ヤマガラ

前日のオシドリは、カルガモと仲良くしていました。不思議です。

ヤマガラ121118
カルガモ&オシドリ(右)
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
今年もオシドリが
2012/11/19(Mon)
土曜日の天気予報は雨。降りだす前に買い物を済ませ、ついでにMF台原森林公園をのぞいてみました。
最初に池に行ってみると、カルガモの群れの中になんとオシドリのオスが1羽。昨冬のオシドリが戻って来たのでしょうか? 
一年前の今頃はまだエクリプス(非繁殖羽)、年末まで繁殖羽が生え揃っていませんでしたが、今年は既に綺麗な繁殖羽です。

オシドリ121117a
オシドリ

オシドリ121117b
オシドリ

池のほとりのアカマツの樹上にはアオサギも見られました。

アオサギ121117
アオサギ

少しポツポツきたので早々に戻ることにします。通りかかった林縁の高い枝先にはマヒワがいました。ここしばらくこの森林公園に居付いてるようですが、全部で30羽程いるようです。

マヒワ121117
マヒワ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
ガン類に会いに
2012/11/13(Tue)
土曜日(10日)は久々にちょっと遠征です。
水鳥の重要な生息地としてラムサール条約湿地に登録されている、宮城北部の蕪栗沼とその周辺の水田地帯を目指します。我が国最大級のガン類の渡来地で、今シーズンも既に多くのガン類が、越冬のため北方から渡来しているようです。
水田地帯には所々にマガンの群れが降り立って落穂等をついばんでいます。

マガン121110a
マガン

狙っているのはシジュウカラガンです。マガンの中に混ざっていないか、ひとつひとつ群れをチェックしていきますが、残念ながら全てマガンです。マガンも天然記念物なので、全国的には十分珍しいのですが・・・・・

マガン121110b
マガン

少数のハクチョウも水田に降り立っていました。オオハクチョウの中にコハクチョウも混ざっています。写真の両端がコハクチョウですが、口ばしの黄色い部分の形で見分けます。

ハクチョウ121110
オオハクチョウ(中央2羽)とコハクチョウ

堤防上の道を走っていると前方にイタチが見えましたが、近寄る前に脇の藪の中に入ってしまいました。

イタチ121110
イタチ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |