宮城の一押し
2012/05/31(Thu)
仙台に赴任する前、宮城県の自然を楽しむ場所としては、泉ヶ岳が一押しだと複数の方から勧められました。早く行きたかったのですが、ようやく日曜日に泉ヶ岳行を実行しました。
広々とした草原が広がり景色も良く、大変気持ちの良い場所です。特に草原性の鳥や蝶に期待をします。
林に入るとすぐオオアカゲラが現れ、幸先良いと思いましたが、後がさっぱり続きません。草原性の鳥にいたっては皆無です。
中腹をいろいろ探索しましたが、湿地にきれいなルリ色のエゾイトトンボがいました。東京では見られない北方系のトンボです。

エゾイトトンボ120527
ルリイトトンボ

扁平な腹部が特徴的なハラビロトンボもいます。

ハラビロトンボ120527
ハラビロトンボ

春のみに成虫が見られるシオヤトンボもいます。

シオヤトンボ120527
シオヤトンボ

林縁のイタドリにはテントウムシのようなイタドリハムシがよく見られました。

イタドリハムシ1205
イタドリハムシ

やはりテントウムシに似ているトホシハムシもいます。

トホシハムシ120527
トホシハムシ

カミキリムシに見えますが、ちょっと恐い肉食系のジョウカイボンです。

ジョウカイボン120527
ジョウカイボン

ここでも蝶は端境期のようでほとんど見られません。次に来る時はいろんな鳥や蝶に会えると良いのですが・・・・
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
茶色ばかり
2012/05/30(Wed)
土曜日は気持ちの良い晴れに恵まれました。それでも気温はさほど上がらず快適です。家事を済ませてぶらりと目の前、台原森林公園に出かけます。
公園に入ってすぐ、にぎやかな囀りが聞こえます。あの声はまさか。そう、特定外来生物ガビチョウです。

ガビチョウ120526
ガビチョウ

今までここでは聞いたことがなかったのにがっかりです。たまたま知り合った方によると、ここでは繁殖もしているそうです。仙台に来てからの半年、宮城や周辺の地域でも見聞きすることがなかったのに残念。
気を取り直して森を歩きます。
明るい場所で、しかも花で吸密するサトキマダラヒカゲがいました。暗い場所で樹液を吸ういつもの姿とギャップがあります。

サトキマダラヒカゲ120526
サトキマダラヒカゲ

森の中には同じくジャノメチョウの仲間、コジャノメがいました。

コジャノメ120526
コジャノメ

枝葉におもしろいものがいないかと探すと、イチモンジカメノコハムシがいました。触覚だけ出して、手足は甲羅のような鞘翅の下に隠しています。

イチモンジカメノコハムシ120526
イチモンジカメノコハムシ

同じく甲虫の仲間、ヒメシロコブゾウムシが葉の上にじっとしていました。

ヒメシロコブゾウムシ120526
ヒメシロコブゾウムシ

水路脇の岩の上では何頭かのカナヘビが日向ぼっこをしていました。爬虫類が岩やコンクリートの上で体を温めているのをしばしば見かけます。

カナヘビ120526
カナヘビ

この日の写真は、みんな茶色系統のちょっとじみなものばかりとなってしまいました。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
県境の山へ
2012/05/29(Tue)
県庁所在地の仙台と山形市を結ぶ路線なのに、JR仙山線は単線のローカル線です。20日は県境の無人駅奥新川に降り立ちました。2月に来たときは雪深くて駅の周りしか歩けませんでした。
駅から目ぼしい林道を歩いてみましたが、蝶はちょうど端境期のようでさっぱりです。シロチョウ科の蝶が見られる程度でした。
駅の近くの草地では、スジグロシロチョウがタンポポで吸蜜しています。

スジグロシロチョウ120520
スジグロシロチョウ

モンキチョウも同じ場所で吸蜜しています。

モンキチョウ120520
モンキチョウ

林道沿いにはツマキチョウが見られ、産卵しようとしてるように見えました。

ツマキチョウ120520
ツマキチョウ

ヤマハンノキの葉はにぎやかで、いろいろなハムシが見られました。
その名もハンノキハムシは濃紺に輝き、最も多くの個体数がいます。

ハンノキハムシ120520
ハンノキハムシ

緑に輝くルリハムシもヤマハンノキを食害します。

ルリハムシ120520
ルリハムシ

やはりヤマハンノキを食害するチャイロサルハムシは1頭だけ見られました。

チャイロサルハムシ120520
チャイロサルハムシ

鳥の方もちょっとさびしく、キビタキ・ツツドリはよく鳴いてたものの、他にはあまり見聞きできませんでした。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
今頃蝶初見
2012/05/28(Mon)
このところ忙しく、19日のフィールドを今頃更新です。
およそ一ヶ月ぶりの台原森林公園で、遅まきながらようやく仙台MFでの今シーズンの蝶初見です。
公園に入って最初に現れたのはコチャバネセセリでした。せわしなくハルジオンで吸密しています。

コチャバネセセリ120519
コチャバネセセリ

同じような明るい草地にはツバメシジミもいます。

ツバメシジミ120519
ツバメシジミ

ベニシジミは幼虫の食草ギシギシに執着しているようです。

ベニシジミ120519
ベニシジミ

小さな池のほとりでは、黒いアゲハたちが地上で吸水していました。文字通りクロアゲハが1頭います。

クロアゲハ120520
クロアゲハ

少し離れてメタリックなブルーのカラスアゲハのオスが2頭います。

カラスアゲハ120520
カラスアゲハ

林の中では白い3本の筋が目立つコミスジが、陽だまりでテリトリーを張っているようです。

コミスジ120519
コミスジ

背中の黄色いハートがトレードマークのエサキモンキツノカメムシがいました。嫌われ者のカメムシですが、もうすぐ彼らも恋の季節です。

エサキモンキツノカメムシ120519
エサキモンキツノカメムシ

虫達も増えていて楽しみな季節になってきました。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
コサナエ
2012/05/16(Wed)
週末は仕事のため帰京したので、土曜日にちょっとの時間狭山公園に寄ってみました。
相変わらず安定しない天気で、風が強く、黒い雲がかかりがち。撮影には良い条件とは言えません。
それでも確認できる蝶の種類が増えてきました。
林の中では黒いアゲハが飛んでいました。東村山では見たことのないオナガアゲハかもと思いましたが、下草に止まったのは残念、体に赤い斑紋のあるジャコウアゲハのオスでした。

ジャコウアゲハ120512
ジャコウアゲハ

下草から別の蝶が飛び立ちました。日陰を好むコジャノメです。翅には10個程の蛇の目模様が並んでいます。

コジャノメ120512
コジャノメ

明るい所に出ると、木の葉の上に小さい甲虫がいます。5mmもありませんが、ルビーのように赤紫に輝いています。ファウストハマキチョッキリでした。成虫は春に現れ、コナラ等の葉を巻いて卵を産み付けます。

ファウストハキチョッキリ120512
ファウストハマキチョッキリ

川の近くの草地にはトンボが多く見られました。今まで東村山ではちゃんと確認できていなかったコサナエです。こんなにいるのになぜ今まで確認できなかったのか不思議です。日本特産種でサナエトンボ科の中では小さい種です。成虫が春最初に現れるトンボの1つで、夏には見られなくなります。

コサナエ120512
コサナエ

交尾中のカップルもいました。この様子なら安定的に生息していけそうです。

コサナエP120512
コサナエ
この記事のURL | 東村山他の場所 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
水浸しのMF
2012/05/05(Sat)
今日は1日、MFでたいけんの里の自然ガイドです。
3日間雨が続いたのでMFは水浸しです。低地にはあちこち水たまりができ、谷地形の道は川のようになっています。それでも、快晴で気温も上がったのでいろいろな生き物が出てきました。
田んぼや湿地ではトウキョウダルマガエルやシュレーゲルアオガエルが元気に鳴いています。雑木林では渡りの途中のキビタキやセンダイムシクイが囀っています。今が盛りのハルジオンにはいろんな虫たちがやって来ます。
鮮やかな空色のアオスジアゲハが吸蜜しています。

アオスジアゲハ120505
アオスジアゲハ

コチャバネセセリはこの日一番個体数が多い蝶だったかもしれません。

コチャバネセセリ120505
コチャバネセセリ

MFでは少ないトラフシジミ(春型)に会うこともできました。

トラフシジミ120505
トラフシジミ

スプリング・エフェメラルの1つ、ツマキチョウはもう間もなく姿を見ることはできなくなるでしょう。アブラナ科の花ではメスが吸蜜していました。とがったつま先と翅裏のマーブル模様が特徴的です。

ツマキチョウ♀120505
ツマキチョウ(メス)

オスが地面で吸水していました。オスはつま先がオレンジ色をしています。ツマキチョウが吸水するのは初めて見ました。

ツマキチョウ♂120505
ツマキチョウ(オス)
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |