チュウシャクシギ
2012/04/30(Mon)
シギ・チドリの渡りの時期なので、彼らに会いにさいたま市の荒川沿いの水田地帯に行ってみました。田んぼはもう水が引かれていて、何か来ているかと期待します。
毎年期待を裏切らないムナグロがちゃんと来てくれていました。ほとんどが夏羽で顔から胸、腹が黒くなっています。

ムナグロ120430
ムナグロ

車で丹念に田んぼを見て回ると、近くからホイピピピピとチュウシャクシギの声がしました。周りを探すと車の前の農道に2羽がいました。

チュウシャクシギ120430a
チュウシャクシギ

田んぼで餌を探した後は、畝で休憩をしています。ここには短期間しか滞在せず、繁殖地のシベリヤ方面に向かって行きます。

チュウシャクシギ120430b
チュウシャクシギ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
のどかな春の観察会
2012/04/29(Sun)
北川かっぱの会では、八国山たいけんの里自然部会の協力を得て、「八国山・北山公園生き物観察ガイド」を作成しました。土曜日はその完成を記念して、自然観察会を開催しました。
久々に絶好の天気に恵まれ、蝶達もあちこちで舞っています。
早春の蝶、ミヤマセセリもまだ雑木林の陽だまりで姿を見ることができました。

ミヤマセセリ120428
ミヤマセセリ

林内では地上を金緑色のアオオサムシが歩きまわっています。

アオオサムシ120428


林の外に出ると、咲き始めたハルジオンにはベニシジミが吸蜜に訪れています。

ベニシジミ120428
ベニシジミ

菜の花ではキアゲハが吸蜜しています。

キアゲハ120428
キアゲハ

田んぼではピンクのレンゲを始め、白や黄色の小さな花がたくさん咲いており、その上を数頭のモンキチョウが飛び交っていてのどかな感じがします。

モンキチョウ120428
モンキチョウ

他にもいろいろな生き物を観察することができ、参加者一同、春の自然を満喫することができました。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
残念!
2012/04/27(Fri)
土曜日(21日)は先週に引き続き、目標達成を狙って仙台の隣町、大和町の森に出かけました。
家を出る時は曇っていましたが、天気予報はすぐ晴れると言っています。しかし、一向に晴れる気配がなく、昼過ぎになっても曇ったままで気温も上がりません。絶望的です。
それでも何かいないかと歩きまわっていると、小さな池にクロサンショウウオの卵嚢が2対(4つ)ありました。一度に1対(2つ)を産卵するのでこれは2個体分です。真っ白なアケビ型の特徴的な卵嚢です。

クロサンショウウオ120421
クロサンショウウオの卵嚢

すぐそばの別の池ではヒキガエルが俗に言うカエル合戦をしていました。1頭のメスに3頭のオスが抱きつき奪い合いです。

ヒキガエル120421
ヒキガエル

アマガエルも既に活動を開始しています。周りが枯れ草なので保護色で茶色になっています。

アマガエル120421
アマガエル

2時頃になって急に晴れてきました。早速ルリシジミが陽射しを求めて翅を広げています。

ルリシジミ120421
ルリシジミ

成虫で越冬したルリタテハも姿を見せてくれました。

ルリタテハ120421
ルリタテハ

やはり成虫越冬のヒオドシチョウも現われました。不思議な事にこの蝶は、越冬後は例外なく翅がボロボロです。

ヒオドシチョウ120421
ヒオドシチョウ

しかし、残念ながらこの日も目標は達成できず、この先チャンスもないので、リベンジは1年間お預けです。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
今週も早春の花
2012/04/18(Wed)
仙台に来てからの最大の目標の1つを達成すべく、日曜日に隣町の利府町の森を訪ねました。
しかし、陽射しはあるものの冷たい北風が吹き、気温も上がらず条件的に厳しそうです。昼過ぎまで待ってみましたが、結局目標は達成できませんでした。仙台では桜の開花宣言もまだなので、季節の遅れが原因かもしれません。
それでも落葉広葉樹の林床では、カタクリやキクザキイチゲ等のスプリング・エフェメラルが目を楽しませてくれます。落葉樹林の葉が茂る頃には、彼らは花はもちろん葉も姿を消してしまいます。

カタクリ120415
カタクリ

キクザキイチゲ120415
キクザキイチゲ

ショウジョウバカマは1株だけ見られました。

ショウジョウバカマ120415
ショウジョウバカマ

地味な花のエンレイソウは逆に「もう咲いてるの?」という感じです。

エンレイソウ120415
エンレイソウ
この記事のURL | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | ▲ top
早春の花
2012/04/09(Mon)
4月になっても肌寒い日が続きます。
週末は帰京しましたが、この時期としては信じ難いことに、MFの桜は満開にはまだしばらくかかりそうです。
土曜日も北風が冷たく、陽射しもすぐ陰ってしまい、ヒオドシチョウやテングチョウはちらっと姿を見せただけでどこかに隠れてしまいました。
雑木林には早春の花が見られました。
全国でも最も普通に見られるタチツボスミレはここでも多く見られます。

タチツボスミレ120407
タチツボスミレ

歩道の脇に白いエイザンスミレも見られました。

エイザンスミレ120407
エイザンスミレ

林床をよく見るとシュンランも咲いています。

シュンラン120407
シュンラン

ウグイスカグラも咲き始め、初夏には甘い実を楽しめそうです。

ウグイスカグラ120407
ウグイスカグラ
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
24年最初の蝶は
2012/04/02(Mon)
週末は東村山でした。
日曜日はやや肌寒いものの、日照は十分にあります。
久しぶりに蝶たちに会えるかな、と期待しながらMFの雑木林に差し掛かると、今年最初に姿を見せてくれたのはスジグロシロチョウでした。

スジグロシロチョウ120401
スジグロシロチョウ

雑木林の小道では数頭のミヤマセセリに会えました。春先のいっときしか成虫が見られない「スプリング・エフェメラル=春のはかないもの」と言われる蝶です。

ミヤマセセリ120401
ミヤマセセリ

越冬明けのキタテハは陽だまりで日向ぼっこをしていました。成虫越冬ですが、きれいな翅をしています。

キタテハ120401
キタテハ

線路脇にルリタテハが舞い降りました。そーっと近付きますが、タイミングの悪いことに向こうから電車がやって来ます。あせりながらなんとか1枚シャッターを切ったとたん、電車が来てしまい飛ばれてしまいました。

ルリタテハ120401
ルリタテハ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |