ゴキブリじゃないんです
2011/07/30(Sat)
今日は都立狭山3公園協議会で、より良い公園管理運営のため午前中は懇談会、午後はフィールド視察でMFを歩きました。
台風以降の雨で、森はすっかりみずみずしくなり生気がよみがえりましたが、カもたくさん出てきてかなりうっとおしく感じます。
みんなで森を歩いていると木の幹に止まるノコギリカミキリがいました。東京都レッドデータブックで準絶滅危惧種と稀少なのに、黒光りする姿形からゴキブリに間違えられるかわいそうなカミキリです。

ノコギリカミキリ110730
ノコギリカミキリ

緑のきれいなカミキリがいました。さらに稀少な絶滅危惧Ⅱ類に指定されているアカアシオオアオカミキリです。夜行性なのに昼間見られたのはラッキーです。

アカアシオオアオカミキリ110730
アカアシオオアオカミキリ

タマムシなども飛んでたり、コウチュウの数も増えてきたようです。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
予定外
2011/07/25(Mon)
日曜日は奥多摩に行くつもりをしていました。ところが車が故障してしまい修理に出すことになったので、予定外に東村山を回ることにしました。
MFの林では、大陸産外来種アカボシゴマダラが目立つようになりました。

アカボシゴマダラ110723
アカボシゴマダラ

同じくエノキを食草とし、競合関係にある在来種のゴマダラチョウが足元にじっとしていました。左の翅がちゃんと伸びてないようです。ちゃんと飛べるのでしょうか。

ゴマダラチョウ110723
ゴマダラチョウ

MFの公園では、暑さのせいかアゲハチョウが10頭程菖蒲田で吸水しています。キアゲハはそこには加わらず、吸蜜のため花を訪れています。

キアゲハ110723
キアゲハ

市内の都立公園に行ってみると、草地でヤマトシジミが表面のブルーをゆっくり見せてくれました。

ヤマトシジミ110724
ヤマトシジミ

リョウブの花が咲いていたので何か蝶がやって来ないかとしばらく待ってみました。すると、離れた草地で黒っぽい蝶がふわふわ飛んでいるのが見えました。何かと思い近付いてみると全く想定外のジャノメチョウです。とっくに東村山からはいなくなったと思ってたのでちょっと驚きです。車の故障のおかげで思わぬ発見でした。

ジャノメチョウ110724b
ジャノメチョウ

ジャノメチョウ110724a
ジャノメチョウ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
早朝のマイフィールド
2011/07/17(Sun)
土曜日は朝の5時から昼頃まで、MFでの市内小学校土曜講座とたいけんの里の案内がダブルヘッダーとハードなスケジュールでした。とは言っても、さすがに早朝の林の中は結構涼しく気持ちの良いものです。
子どもたちの狙いはなんといってもクワ・カブなので、他の虫たちに興味を向けるのは結構大変です。
樹液酒場ではりっぱなノコギリクワガタのオス1頭とカブトムシのメス1頭がなんとか採れました。
カナブンもあちこちの樹液酒場にいました。最初アオナカブンかと思った緑の個体がいましたが、どうやら色彩変異のようです。カナブンどうしで一番良い場所を争っていましたが、この緑の個体が強いようでした。

カナブン110716
カナブン

樹液のそばにはキマダラカミキリもいました。やはり樹液狙いのようです。体は樹皮にまぎれて見つけにくく、すごく長い触覚を持っています。

キマダラカミキリ110716
キマダラカミキリ

2つのイベントのインターバルにちょっと林を歩いていると、今シーズンはなかなか会えなかったミドリシジミがいました。残念ながら翅表を見ることはできませんでした。

ミドリシジミ110716
ミドリシジミ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ナガサキアゲハ
2011/07/16(Sat)
今週は仕事で千葉県の大網白里町へ行ってきました。典型的な谷津田がよく見られる地域です。
出張中の2日とも雲ひとつない快晴でしたが、痛いほどの日差しと猛暑にじっくり撮影しようという気も起きません。
運良く私の近くに来てくれたナガサキアゲハのオスが撮影できました。
ナガサキアゲハは最近関東地方でも見られるようになった南方系の蝶ですが、後翅に尾状突起がないこととひときわ大きいことが特徴でしょうか。

ナガサキアゲハ110714a
ナガサキアゲハ

メスはなかなかきれいですが、オスの表翅は黒一色とおもしろくありません。

ナガサキアゲハ110714b
ナガサキアゲハ

MFにもいないことはないので、なんとかメスを撮影したいと思います。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
梅雨明け
2011/07/12(Tue)
梅雨が明けてしまいました。こんなに早い梅雨明けは、暑さの苦手な私には憂鬱です。
それでも日曜日は、午前中だけですがMFを回ってみました。
林内ではトラフシジミがササの葉の上にとまっていました。当然ながら夏型の個体で近付いても全く逃げません。

トラフシジミ110710
トラフシジミ

林縁ではミズイロオナガシジミが見られました。こちらも近付いても全く逃げません。

ミズイロオナガシジミ110710
ミズイロオナガシジミ

さらに、林の中に入っていくとトンボが飛んでいます。ホバリングをしながら2~3mの範囲を行ったり来たりしています。草にとまった姿を確認すると東村山初確認のサラサヤンマでした。ヤンマの仲間ながらシオカラトンボ程の大きさで、東京都レッドリストの絶滅危惧種です。思いがけないうれしい出会いでした。

サラサヤンマ110710
サラサヤンマ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
奥多摩 ~オオルリ~
2011/07/11(Mon)
奥多摩の林道沿いに鳥の声も聞こえてきます。
ミソサザイ・ジュウイチ・センダイムシクイ等が囀っていましたが、既に繁殖期のピークを過ぎているため、全体的には静かでした。
そんな中元気に囀っていたのはオオルリです。オオルリは日本3鳴鳥の1つですばらしい歌声ですが、姿もピカ一です。谷間で囀るきれいな声が何箇所かで聞こえましたが、木立の隙間からモミの木のてっぺんで囀る姿を見つけました。やや見上げる角度でしたが、なんとか背中の青い輝きも見ることができました。囀る時は口をいっぱいに開けています。

オオルリ110706a
オオルリ

オオルリ110706b
オオルリ

林道を歩いていると1m程のヘビがいました。なかなか会えないジムグリです。じっとしてくれなかったのでややぶれてますが、赤褐色のきれいなヘビです。

ジムグリ110706
ジムグリ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
奥多摩 ~ミヤマカラスアゲハ~
2011/07/10(Sun)
奥多摩の林道には、タテハチョウの他にもいろんな蝶がいました。
人気の高いミヤマカラスアゲハのオスが何頭か路上で吸水しています。大きく華麗な姿ですが、見る角度によって翅の輝き方が微妙に異なります。

ミヤマカラスアゲハ110706a
ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ110706b
ミヤマカラスアゲハ

ふわふわゆっくり飛びますが、何百キロも旅をすることで有名なアサギマダラがいました。どこで生まれたのでしょうか?

アサギマダラ110706
アサギマダラ

夕方になり谷を見下ろすと、突き出した枝先にミドリシジミの仲間がテリを張っていました。残念ながら遠くて種類を断定することができませんでした。

ミドリシジミsp110706
ミドリシジミの仲間
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
奥多摩 ~タテハチョウたち~
2011/07/09(Sat)
久々にちょっと遠出して、奥多摩町に行ってきました。
林道を10km程歩きながら何かいないかと探してみました。いろいろ蝶がいましたが、特にタテハチョウの仲間を多く見ることができました。
クジャクチョウは越冬個体でしょう。長生きをしてるので翅がそれなりに傷んでます。

クジャクチョウ110706
クジャクチョウ

スミナガシがテンのフンで栄養補給をしていました。今年羽化したものですがもうすすけています。

スミナガシ110706
スミナガシ

サカハチチョウはまだ複雑な模様の春型が見られました。夏型はまるで違う模様になります。

サカハチチョウ110706
サカハチチョウ

シータテハは敏捷でちょっと撮影に手こずりました。

シータテハ110706
シータテハ

ミスジチョウは白い3本の筋が目立ちます。

ミスジチョウ110706
ミスジチョウ

ミドリヒョウモンは発生したばかりのきれいなオスが数頭見られました。

ミドリヒョウモン110706b
ミドリヒョウモン

ミドリヒョウモン110706a
ミドリヒョウモン
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
オオムラサキ
2011/07/05(Tue)
狭山丘陵には国蝶オオムラサキが生息することが知られています。オオムラサキの発生時期になったので、週末に見られる確立の高い武蔵村山市に行ってみました。
オオムラサキをゆっくり撮影するには、クヌギ等の樹液で食事中のものを狙うのが効率的です。そこで林縁のクヌギを探してみました。程なくオオムラサキやスズメバチが集まる木がありました。しかし、樹液は日陰側でやや高い位置だったので撮影はちょっと苦労しました。

オオムラサキ110703b
オオムラサキ

オオムラサキはほとんど翅を閉じたままです。時折表側を見せてくれるのを粘ってシャッターを押しました。なんとかオスのきれいな紫色が撮れました。

オオムラサキ110703a
オオムラサキ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
蒸し暑い1日
2011/07/04(Mon)
7月になりました。雨が降りそうな蒸し暑い日が続きます。朝一番でMFの雑木林をのぞいてみました。
今シーズンはもう撮影できそうもない、となかばあきらめていたウラナミアカシジミが下草でじっとしていました。成虫になってからひと月程がたっているのでしょう。色がすすけた感じがします。

ウラナミアカシジミ110702
ウラナミアカシジミ

すぐに狭山公園に向かいます。東村山には少ないまとまった草地があり、オカトラノオのちょっとした群落もあるため、草原性の蝶の飛来に期待をしました。しかし、暑いばかりで蝶の姿は少なく、かなり待ってようやく東村山ではめったに見られないオオチャバネセセリが現れました。素早くオカトラノオで吸密するためなかなかシャッターチャンスがなく、やっと撮れた写真は顔が隠れていました。

オオチャバネセセリ110702
オオチャバネセセリ

他には特に目ぼしいものはなく、今シーズン初めてのヒメキマダラセセリを見かけた程度でした。

ヒメキマダラセセリ110702
ヒメキマダラセセリ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |