カケス
2011/01/31(Mon)
MFにはほぼ毎冬カケスがやって来ますが、なかなかまともに写真を撮らせてくれない手強い相手でした。
この日も私が近づくとすぐに逃げて行きました。そこで、戻って来る保証はありませんでしたが、同じ場所で持久戦としました。
林の中で1時間ほど待っていると3羽のカケスが近づいてきます。できるだけ木の陰に隠れるようにしていましたが、カラスの仲間で頭が良く、目も良い彼らが私に全く気付かないとも思えません。しかし、私と一定の距離は保ちながらも、十分写真が撮れる距離でしばらくの間どんぐりを食べたりくつろいだりしてくれました。

カケス110129a
どんぐりを食べるカケス

カケス110129b
羽毛をふくらませてくつろぐカケス

カケスを待っている間は、近くにルリビタキが来て相手をしてくれました。

ルリビタキ110129
ルリビタキ

林を離れ小さなヨシ原を見ていると、ヨシにまぎれて何かがいます。これも冬鳥のタシギがいました。MFで見たのは3年ぶり2度目です。しかし、保護色が見事なのでいるのに気がつかないこともあったのでしょう。

タシギ110129
タシギ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
オオマシコ
2011/01/23(Sun)
久しぶりに高速道路で本格的に遠征してきました。
山梨甲州市に冬の山地の鳥に会いに行きました。主に標高1,300~1,400m地帯を歩いたので、雪こそまばらでしたが、緩い沢の流れは完全に凍り付いている寒い世界でした。
一番会いたかったオオマシコはあっさり会うことができました。最大10羽程の群れで割によく現れてくれたうえ、警戒心もほとんどありません。撮影はもちろん、こんなにじっくり見られたのも初めてだったので、他の鳥を撮影する時間がなくなってしまいました。

オスの成鳥は本当にきれいで、ほぼ全身が鮮やかな赤い色をしています。

オオマシコ♂110122
オオマシコ(オス成鳥)

オスの若鳥は赤味が弱いのと、おでことあごの銀色の羽毛がないことが成鳥と違います。

オオマシコJ110122
オオマシコ(オス若鳥)

メスはぐっと赤味が減り、地味ですがそれなりにきれいです。

オオマシコ♀110122
オオマシコ(メス)

冬でも低地には来ないコガラはあちこちにいましたが、動きが早くなかなか良い写真が撮れませんでした。

コガラ110122
コガラ

熟し始めたヤドリギにはヒレンジャクの小群が来ていました。写真には特有の落とし物が映っています。

ヒレンジャク110122
ヒレンジャク
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
テンプレート変更
2011/01/18(Tue)
テンプレートを変更することにしました。
今までのは写真がやや小さい気がしていたので、2011年の最初に遡って写真を一回り大きくしました。その分写真の腕がばれますが・・・・・
寒い日が続くので、以前沖縄で撮影した日本最大の蝶「オオゴマダラ」で少しでもあったかい気分にということで掲載しました。そう言えば今、娘は修学旅行で沖縄です。うらやましいー!

オオゴマダラ
オオゴマダラ
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
二日酔い
2011/01/16(Sun)
二日続けて地元で新年会。夕べは家に着いたのが未明の3時。起きてもまだお酒が残っていて、遠くに行ける状態ではありません。そこで今日もMFです。これで4週連続MFになりました。
今日もマヒワが来てくれました。メスは低い枝先に降りてくれました。

マヒワ110115
マヒワ(メス)

黄色いオスはてっぺんの方で盛んにハンノキの実を食べています。

マヒワ110116
マヒワ(オス)

アオジは地上で餌を探しています。すっかり人馴れしてすぐ近くにやって来ます。オスのほうが全体に濃い色をしています。

アオジ♂110116
アオジ(オス)

メスの右足をよく見ると足輪が付いています。私も昔経験がありますが、どこかで調査用のバンディングをされたのでしょう。

アオジ♀110116
アオジ(メス)

林の何カ所かでカラ類の群れを見ます。エナガが一番多く、元気に動きまわっています。

エナガ110116
エナガ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ヤマシギ
2011/01/14(Fri)
先の3連休は最後の日にやっと日中フリーとなりました。しかし、外は強風なので遠出はあきらめ、MFに行くことにしました。
川沿いに自転車で走っていると、キセキレイが土手でのんびりくつろいでいました。

キセキレイ110110
キセキレイ

林の入り口にはジョウビタキがいました。ここがなわばりのようでいつも同じところで見られます。

ジョウビタキ110110
ジョウビタキ

林の中に入って、カケスかアカゲラのちゃんとした写真が撮りたいと探してみましたが見つかりません。
代わりにルリビタキが目の前に出てくれました。

ルリビタキ110110
ルリビタキ

湿地林に回ってみると、それなりにバーダーがいるのにコジュケイが3羽、あまり気にせず餌を探しています。

コジュケイ110110
コジュケイ

他に何かいないかと見回すと、草陰に何やら大き目のものが動いています。徐々に姿を現したのはヤマシギです。私にとっては約30年ぶりの再会です。MFでも簡単に見られるわけではありませんが、ほぼ毎冬渡来して来るのに、私には縁遠く見ることができませんでした。

ヤマシギ110110a
ヤマシギ

主に夕方から夜間に活動するのに、こんな真昼間に見られてラッキーです。上下に体を揺らすユニークな動きで、長いくちばしを根元まで土中に突き刺してミミズ等の餌を食べていました。

ヤマシギ110110b
ヤマシギ

強風じゃなければ別の場所に行っていたので、この日は強風に感謝です。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(3) | トラックバック(0) | ▲ top
冬休み最後の日
2011/01/05(Wed)
狭山湖にトモエガモが来ていると聞いていました。そこで、冬休み最後の日はそれを見に行きました。
割とすぐに十数羽の群れが見つかりました。比較的珍しい種なので、これ程の数を一度に見たのは初めてです。しかし、遠くにいて撮影が困難です。なんとか順光で見られるのは昼までです。あきらめ始めた頃、少し近づいてくれました。オスの顔のともえ模様がユニークです。

トモエガモ110105
トモエガモ(手前:オス)

カンムリカイツブリもたくさんいましたが、飛び立つところを撮ってみました。

カンムリカイツブリ110105
カンムリカイツブリ

午後はMFに寄ってみました。
今日もマヒワの群れが見られました。

マヒワ110105
マヒワ

常連のメジロはエノキの実を食べていました。

メジロ110105
メジロ

やはり常連、コゲラは盛んに木をつついて虫を探しています。

コゲラ110105
コゲラ

夕方になり、帰りがけに2羽のアカゲラがいました。光が足りずに撮影はやや苦戦です。

アカゲラ110105
アカゲラ

これでアオゲラが出れば、赤、白、青のキツツキ揃い踏みだったんですが・・・・・



この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
鳥見初め2011
2011/01/04(Tue)
2011年の鳥見初めは、やっぱり My Field です。
林に差し掛かると幸先良く、マヒワの群れがお出迎えです。昨年の暮れに出会った群れが、ここを餌場として付近に定着したようです。

マヒワ♂110103
マヒワ(オス)

マヒワ♀110103
マヒワ(メス)

マヒワ達は比較的長く餌を啄んでいましたが、モズに襲われ飛び去ってしまいました。

モズ110103
モズ

林の中で待っていると、ルりビタキのメスがしばしば姿を見せてくれました。今シーズン初めて現れたそうです。

ルリビタキ110103
ルリビタキ

しかし、ジョウビタキのオスがここを冬のなわばりに決めたらしく、盛んにルリビタキを追い回します。

ジョウビタキ110103
ジョウビタキ

シロハラも地上で餌を探す姿がよく見られました。

シロハラ110103
シロハラ

今シーズンはなかなか冬鳥が見られませんでしたが、ここへきてようやくMFの冬の常連が出揃った感じです。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(6) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |