冬鳥到着
2010/10/16(Sat)
早くもMFの森に冬鳥第一便がやって来ました。
例年最も早く現れる冬鳥のジョウビタキ(オス)が、今年もトップです。
カケスも冬を過ごすために戻って来ています。
渡りの途中のキビタキも、オス・メス揃って見られました。
しかし、いずれもシャッターチャンスがなくて撮影できませんでした。
なので、タイトルは鳥ですが、今日は蝶の写真です。
あちこちに咲くコセンダングサでは、ウラナミシジミやベニシジミが吸蜜しています。

ウラナミシジミ101010
ウラナミシジミ

ベニシジミ101010
ベニシジミ

コスモスにはツマグロヒョウモン(メス)がやって来ました。

ツマグロヒョウモン101016
ツマグロヒョウモン

元気のよいウラギンシジミ(オス)は、久々に翅表を見せてくれました。

ウラギンシジミ101016
ウラギンシジミ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
秩父の蝶
2010/10/08(Fri)
「秩父の蝶」と言っても、秩父らしい蝶を見たわけではありません。
仕事で秩父湖周辺に行きましたが、出会えたのはほとんどMFと変わりませんでした。
山あいの宿の周りには、秩父名物ソバの畑が花の盛で、意外に蝶たちも多く吸蜜に訪れていました。
ここでもヤマトシジミは最も多いようです。

ヤマトシジミ101006b
ヤマトシジミ

ソバの花で交尾をしているカップルもいました。

ヤマトシジミ101006
ヤマトシジミ

ツバメシジミ・ウラナミシジミ・モンシロチョウも吸蜜しています。

ツバメシジミ101006
ツバメシジミ

ウラナミシジミ101006
ウラナミシジミ

モンシロチョウ101006
モンシロチョウ

たまたまミヤマアカネもソバで休んでいました。

ミヤマアカネ101006
ミヤマアカネ

草地ではヒョウモン類が数種見られ、南方系のツマグロヒョウモンはアザミの仲間で吸蜜しています。

ツマグロヒョウモン101006
ツマグロヒョウモン

野菊の一種、ノコンギクにはメスグロヒョウモンがいました。

メスグロヒョウモン101006
メスグロヒョウモン

唯一秩父らしいと言えそうなのはクモガタヒョウモンで、やはりノコンギクがお気に入りのようでした。

クモガタヒョウモン101006
クモガタヒョウモン
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
秋の渡り鳥
2010/10/04(Mon)
週末は秋の渡り鳥を目当てに、さいたま市の荒川沿いの公園に行ってきました。
多くの人が一羽池にやって来たアカエリヒレアシシギを撮影していました。すっかり冬羽で名前の由来の赤い襟首は見られませんでしたが、きれいな白黒模様になっていました。足にヒレがあるので泳ぎは得意で、池の中を盛んに泳ぎ回るため撮影に苦労しましたが、珍しく枯れ木の上で休む姿も見せてくれました。

アカエリヒレアシシギ101002a
盛んに泳ぎ回るアカエリヒレアシシギ

アカエリヒレアシシギ101002b
枯れ木の上で休むアカエリヒレアシシギ

林の中には渡り途中のヒタキ類がいます。
エゾビタキが比較的多く、梢に止まったり木の実を食べたりしていました。

エゾビタキ101002b
エゾビタキ

エゾビタキ101002a
エゾビタキ

一瞬キビタキのオスも木の実を食べに来ましたが、葉陰に隠れピント合わせをする間もなく行ってしまいました。

キビタキ101002
キビタキ

他にもサンコウチョウもいましたが、わずかにシルエットを見ただけでした。
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |