猛暑の前に
2010/08/14(Sat)
今日は曇り空で比較的涼しいうえに、明日は猛暑になるというので、昼からMFに行ってみました。
クサギの花が満開となったので、アゲハの仲間がやって来るのを待ちましたがちっとも来ません。昨年は結構来てくれたのにどうしちゃったんでしょう。
仕方がないので林縁を歩いて何かいないか探してみました。

ムラサキシジミがあちこちで見られましたが、いずれも良い所に止まってくれません。遠目の写真になってしまいました。

ムラサキシジミ100814
ムラサキシジミ

久しぶりにヒメキマダラセセリがいました。相変わらず素早い動きです。

ヒメキマダラセセリ100814
ヒメキマダラセセリ

キタテハは一旦逃げても何度でも同じ場所に戻って来ます。

キタテハ100814
キタテハ

まだそんなに遅い時間でもないのに、キアゲハもモンシロチョウもお休みモードのようです。食草でもなく花もない植物にぶらさがったまま全く反応ありません。日射しがないからでしょうか。

キアゲハ100814
キアゲハ

モンシロチョウ100814
モンシロチョウ




この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(6) | トラックバック(0) | ▲ top
夏休み2010(その2)
2010/08/12(Thu)
高原の花にはいろいろな蝶がやって来ていました。
タテハチョウの仲間が比較的よく見られました。派手なクジャクチョウは咲き始めたマツムシソウで吸蜜しています。

クジャクチョウ100808
クジャクチョウ

ヒョウ柄のヒョウモンチョウはヒヨドリバナの仲間で吸蜜しています。

ヒョウモンチョウ100808
ヒョウモンチョウ

ギンボシヒョウモンはアザミの仲間に来ています。

ウラギンヒョウモン100808
ギンボシヒョウモン

しかし、キベリタテハは花に来ているのを見たことがありません。

キベリタテハ100808
キベリタテハ

レッドリスト絶滅危惧種のアサマフウロには、オオチャバネセセリが来ていました。

オオチャバネセセリ100809
オオチャバネセセリ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
夏休み2010(その1)
2010/08/11(Wed)
束の間の夏休み、軽井沢に避暑に行き、浅間山系や荒船の山を蝶を求めて回りました。家族にも付き合わなければならないので、2日で4時間もテニスをしました(と言っても私はほとんど休憩時間)。
しかし、あんなに好天が続いていたのに、どんよりした曇り空で雨にもたたられました。
高山蝶3種を狙っていましたが、ミヤマシロチョウはやはり時期が遅すぎたか見られませんでした。
ミヤマモンキチョウは陽が射さないので飛んでくれません。一度メスを見かけただけで撮影はできませんでした。
天然記念物ベニヒカゲは2000m以上の地帯に既にたくさん発生していました。ジャノメチョウの仲間には珍しく鮮やかな斑紋があります。

ベニヒカゲ100808
ベニヒカゲ

他にもジャノメチョウの仲間は、ヒメキマダラヒカゲ・ジャノメチョウが見られました。

ヒメキマダラヒカゲ100808
ヒメキマダラヒカゲ

ジャノメチョウ100809
ジャノメチョウ

アサギマダラやキアゲハは、山頂付近に吹き上げられて来るのが見られました。

アサギマダラ100808
アサギマダラ

キアゲハ100808
キアゲハ

この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
セミの天下
2010/08/10(Tue)
猛烈な暑さが続きます。
土曜日、たいけんの里の定例自然ガイドでMFを歩きましたが、雨も降らないので森の中も生気がありません。
そんな中、唯一元気なのはセミ達です。
一番多いのはアブラゼミ。ジリジリジリ・・・・・と言う鳴き声に、一層暑さが増します。

アブラゼミ100807
アブラゼミ

シーズン最初に発生するニイニイゼミもまだ元気に鳴いています。

ニイニイゼミ100807
ニイニイゼミ

日中はあまり鳴かないヒグラシもよく鳴いていました。

ヒグラシ100807
ヒグラシ

ミンミンゼミはこの日はたいけんの里に多かったようです。

ミンミンゼミ100807
ミンミンゼミ

エノキの切り株を大きなタマムシのメスがうろうろしていました。しばらく見ていると木の割れ目に産卵管を挿し込んで産卵を始めました。真っ白な卵が見えました。

タマムシ100807
タマムシ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |