5月も末なのに
2010/05/30(Sun)
雲が厚くかかっていましたが、雨はもちそうなのでMFに行ってみました。
夕べの雨の水滴の残る葉の上にイチモンジセセリがいました。夏になればいやと言う程目にするこの蝶も、この時期はあまり見られません。

イチモンジセセリ100530
イチモンジセセリ

コチャバネセセリもじっと休んでいます。イチモンジセセリもそうでしたが、5月末と思えない寒さのせいか、近づいても全く動きません。

コチャバネセセリ100530
コチャバネセセリ

気温がさっぱり上がらず、今日の蝶はたったのこれだけです。5月の良い時期なのに・・・・・
他の虫はと探してみますがやはり少ない。
目が可愛いセボシジョウカイが、触覚を口でそうじしていました。

セボシジョウカイ100530
セボシジョウカイ

きれいな赤いキイロクビナガハムシがいました。なんでキイロなんでしょう?

キイロクビナガハムシ100530
キイロクビナガハムシ

帰りに家の近くの小さな雑木林に寄ってみました。サトキマダラヒカゲがいましたが、やはりじっとしたままです。

サトキマダラヒカゲ100530
サトキマダラヒカゲ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
奥秩父
2010/05/29(Sat)
木曜・金曜と仕事で奥秩父へ行ってきました。
仕事の合間に蝶や鳥を撮影しようと思ってましたが、共に少なくてチャンスはあまりありませんでした。
それでもオナガアゲハは吸水していたりするのをしばしば目にしました。

オナガアゲハ100527
オナガアゲハ

ウスバシロチョウは集落の草地で吸蜜していました。写真のメスは既交尾の印、交尾のうが腹端に付いていました。

ウスバシロチョウ100528
ウスバシロチョウ

道の駅ではイワツバメがコロニーを形成しています。ちょうど泥を唾液でこねて巣を造っているのが見られました。

イワツバメ100528
イワツバメ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
新緑の奥武蔵
2010/05/22(Sat)
新緑の飯能(旧名栗村)の山に行ってきました。メインターゲットはウスバシロチョウです。
過去の確認地点を回ってみますが、なぜか全然見つかりません。今日はだめかとなかばあきらめた頃、斜面の小さな草地にそこそこの個体数を見つけました。しかし、翔んでるばっかりでとまってくれません。しようがないので飛翔写真にチャレンジしました。

ウスバシロチョウ100522a
ウスバシロチョウ

なかなかうまく撮れずがっかりしてると、ようやく1頭とまってくれました。本当は花にとまってほしかったんですが・・・・・

ウスバシロチョウ100522c
ウスバシロチョウ

林道沿いにはウツギの花がたくさん咲いています。そこにサカハチチョウが来ていました。この時期は春型で翅表の模様が夏型はがらりと異なります。写真の右奥にもう1頭、翅裏を見せてくれました。

サカハチチョウ100522
サカハチチョウ

アオバセセリも来ないかとしばらく待っていると、弾丸のようにやって来ました。しかし、良い場所に出てくれません。なんとか隙間から証拠写真程度ですが・・・・・

アオバセセリ100522
アオバセセリ

ヤマツツジも所々に咲いており、カラスアゲハが吸蜜していました。

カラスアゲハ100522
カラスアゲハ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
蝶本番
2010/05/16(Sun)
5月も中頃になると、MFではスプリング・エフェメラルの蝶たちが姿を消す一方で、いろんな蝶たちが見られるようになります。
草地ではハルジオンで吸蜜している蝶が目立ちます。この日最も個体数が多かったのはコチャバネセセリでした。

コチャバネセセリ100515
コチャバネセセリ

同じセセリチョウの仲間、ダイミョウセセリもいます。

ダイミョウセセリ100515
ダイミョウセセリ

ヒメウラナミジャノメもハルジオンの上で表の蛇の目模様を見せてくれました。

ヒメウラナミジャノメ100515

ツバメシジミは草にとまって休んでいました。オレンジのワンポイントがきれいです。

ツバメシジミ100515
ツバメシジミ

ジャコウアゲハはウツギの花で吸蜜していました。

ジャコウアゲハ100515

水辺からやや離れた草地にハラビロトンボがいました。名前の通り太い(広い)腹をしています。月初めに見たのと同じ個体でしょうか?

ハラビロトンボ100515
ハラビロトンボ

この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ヒメギフ狙い(その2)
2010/05/07(Fri)
ヒメギフチョウには会えませんでしたが、私の好きなミソサザイはあちこちで良い声を聞かせてくれます。
コガラは唯一近くに来てくれましたが、まだ冬枯れの山には鳥の姿も少なめです。

コガラ100505
コガラ

そろそろ帰る時間となった頃、出会い頭に特別天然記念物ニホンカモシカの出現です。お互いびっくりしましたが、私が危害を与えないとわかるとのんびりしたものです。わずか十数mの距離で私のことは無視して葉っぱを食べ始めました。

カモシカ100505
ニホンカモシカ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ヒメギフ狙い(その1)
2010/05/06(Thu)
連休最後の日、ヒメギフチョウのみを狙って関越道に乗りました。
長野県上田市のポイントに着くと、スミレやヤマザクラが咲き、落葉樹林も芽吹く前と良い感じです。
大きな期待を持って探索しますが、いつまでたってもヒメギフチョウは現れません。
同じ時期に現れる蝶たちは見ることができ、コツバメは元気に飛び回っています。

コツバメ100505
コツバメ

スギタニルリシジミも何カ所かで吸水が見られ、銀塩カメラ時代を通じてうれしい初撮影ができました。

スギタニルリシジミ100505
スギタニルリシジミ

この時期限定ではありませんが、関東の平地では見られないシータテハもしばしば目にします。

シータテハ100505
シータテハ

結局この日は、なぜかヒメギフチョウは見ることができませんでした。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
甲虫たち
2010/05/05(Wed)
連休中持ち帰りの仕事がまだたっぷりありますが、天気に誘われて少しだけMFに行ってみました。
もうすぐMFという所で、一眼デジカメを忘れたのに気が付きました。でも時間がもったいないので、サブ機のコンデジで頑張ってみることにします。
林縁ではいろんな植物が目立ってきて、甲虫たちも姿を見せ始めました。
にぎやかなコデマリの花にはベニカミキリが来ています。

ベニカミキリ100504
ベニカミキリ

あっという間に花を咲かせたハルジオンではコガネムシの一種、コアオハナムグリとクロハナムグリが食事中です。

コアオハナムグリ100504
コアオハナムグリ

クロハナムグリ100504
クロハナムグリ

一見テントウムシのようなクロボシツツハムシは、たまたまハルジオンの花の上にいるだけでしょうか?

クロボシツツハムシ100504
クロボシツツハムシ

他にも葉を食害するハムシの仲間が見られました。
イチモンジカメノコハムシは姿もそうですが、驚くとカメのように全て甲の中に引っ込めてしまいます。

イチモンジカメノコハムシ100504
イチモンジカメノコハムシ

オオアカマルノミハムシは鮮やかなオレンジ色のちっちゃくてかわいい虫です。

オオアカマルノミハムシ100504
オオアカマルノミハムシ

甲虫ではありませんが、菜の花のカメムシことナガメのペアがいました。

ナガメ100504
ナガメ

MFでは珍しいハラビロトンボがどこからかやって来ました。定着してくれるとうれしいのですが・・・・・

シオヤトンボ100504
ハラビロトンボ

この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
大渋滞
2010/05/03(Mon)
昨日は長野方面に行こうと思い、少々の渋滞は覚悟して所沢ICに早朝5時半に。ところが既に大渋滞で車がとまっています。こんな時間に所沢がこんな状態なんて今までで最悪です。即座に遠出はあきらめ、悩んだ末に荒川沿いの水田地帯に向かいました。
さいたま市側ではもう多くの田んぼに水が張られ、苗が植えられた田んぼもあります。お目当てのシギ・チドリはさっぱりいませんが、シラサギ類がちらほら見られます。渡って来たばかりと思われるチュウサギもいました。

チュウサギ100502
チュウサギ

やっと見つけたシギ・チドリはここでおなじみのムナグロの群れです。夏羽と冬羽のものが混じっています。

ムナグロ♀100502
ムナグロ(冬羽)

彼らを見ていると突然一斉に飛び立ちました。まわりを見るとオオタカが低空で私の方に向かって来ます。足にキジバトのような獲物をつかんでいますが、そのすぐ後を2羽のハシボソガラスが追いかけています。近くの茂みに降りたのでこっそり行ってみます。しかし残念、餌を持ったまま飛び去ってしまいました。
さて、富士見市側に回ってみると、こちらはあまり田んぼに水が入っていません。鳥は少なく、見られたのはやはりムナグロぐらいでした。

ムナグロ♂100502
ムナグロ(夏羽)
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
渡りの鳥たち
2010/05/02(Sun)
ゴールデンウィークは、まずはMFからスタートです。
例年、MFではあまり渡りの鳥たちに会いませんが、今年の春の渡りはずいぶんにぎやかです。
東村山では初めて聞いたツツドリの他、キビタキ・センダイムシクイが囀っています。
アカハラは小群がやって来たようで、遠慮がちな囀りの練習も聞こえます。アカハラも今回が東村山での初認ですが、越冬環境はあるはずなのになぜか今まで会えませんでした。

アカハラ100502
アカハラ

明るい林床にはビンズイもいました。狭山公園では越冬していましたが、MFでは初認です。ここに立ち寄って、これから高原や高山に行くのでしょう。

ビンズイ100501
ビンズイ

帰りに公園を遠って行くと、キアゲハがとまってサービスしてくれました。

キアゲハ100501
キアゲハ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |