市内初撮影3種
2009/11/29(Sun)
今日はMFの上流、狭山公園に行ってきました。というのは昨日、狭山公園パークセンターの宅部池ブラックバス駆除作戦に参加した時、東村山ではまだ撮影していないホシハジロ・キンクロハジロを見たからです。しかし、この時はカメラの準備が整わず、証拠写真程度しか撮れませんでした。そこで、今日は出直しです。
池に着くとキンクロハジロは雄・雌・幼鳥と揃っていました。東村山では初撮影です。

キンクロハジロ♂091129
キンクロハジロ(雄)

キンクロハジロ♀091129
キンクロハジロ(左:幼鳥、右:雌)

ホシハジロは今日は残念ながらいませんでした。とりあえず昨日の証拠写真です。

ホシハジロ091129
ホシハジロ(右)

カワウが魚を狙って潜っていました。池の生態系を破壊しているブラックバスやコイを食べてくれると良いのですが。

カワウ091129
カワウ

永かった村山貯水池堰堤工事が終わり、いい感じのススキ混じりの疎林が創出されていました。ホオジロがたくさんいました。

ホオジロ091129
ホオジロ

工事前にあったアカマツ林は毎冬ビンズイが来る貴重な場所でしたが、アカマツはわずかに残るだけになり心配していました。ところが彼らは6年振りにちゃんと戻ってきてくれました。代替わりはしていると思いますがうれしいことです。ちなみに今回が東村山初撮影でした。

ビンズイ091129
ビンズイ
この記事のURL | 東村山他の場所 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
霞ヶ浦
2009/11/27(Fri)
仕事で霞ヶ浦に行くことになり、せっかくなのでカメラ一式を持っていきました。
土浦でレンタカーを借り、最初にオオバンを見に行きます。少し離れた所にいましたが、車の中で待っているとだんだん近づいて来て、すぐ目の前の土手の草を食べ始めました。

オオバン091125
オオバン

そのうちユリカモメの群れがやって来て、同じ土手に降り始めました。

ユリカモメ091125
ユリカモメ

中にはお互いに、にらめっこのように向かい合っているオオバンとユリカモメもいます。

オオバン&ユリカモメ091125
オオバンvsユリカモメ

霞ヶ浦の堤防上を走りながら、周囲に広がる蓮田や水田を探していると、シラサギ類も目に付きます。ややピンボケですが、飛び立つ瞬間のダイサギを撮影することができました。

ダイサギ091125
ダイサギ

越冬するシギ・チドリにも期待して探してみましたが、ほとんど見つかりません。なんとか一羽のタゲリを撮影できました。

タゲリ091125
タゲリ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
盛岡-ヤマセミ
2009/11/24(Tue)
なつかしの岩手山が頂上までよく見えました。前日の積雪で山麓まで真っ白になったようです。

岩手山091122
岩手山 2,038m(盛岡市内より)

今度は盛岡郊外の山間部に向かいます。郊外と言っても首都圏では想像できない山深いところです。目的はイスカ・オオマシコ・ヤマセミです。
レンタカーで川沿いを走り始めてすぐ、そろそろ山が迫って来た所で、いきなり木にとまるヤマセミを見つけました。さすが自然豊かな盛岡です。
かなりの近距離で車の中からカメラを構えましたが、全く気にする様子がなく魚を狙ってるようで、1時間ほど付き合ってくれました。

ヤマセミ091122c
ヤマセミ♀

ヤマセミ091122a
ヤマセミ(前面)

ヤマセミ091122b
ヤマセミ(背面)

幸先良いスタートでしたが、他の鳥は全然でした。しかし、今回はヤマセミだけで十分満足です。
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
盛岡-カモ類
2009/11/23(Mon)
盛岡は私にとって第二のふるさとです。ちょうど3連休にかかる出張となったので、盛岡近郊で鳥を見て来ました。
最初に行ったのは高松の池。中心街から近く、住宅地に接していますが、大きな池や樹林があって一年を通して様々な鳥がやって来ます。盛岡在住時は最もよく通った場所です。
積雪直後だったので樹林には入れず、池でカモ類を観察することにしました。
昔はそれ程見ることのなかったオオハクチョウが数十羽、餌付けされていて餌をまく人にカモたちと群がってきます。

オオハクチョウ091121
オオハクチョウ

遠く池の中心にはカワアイサやホシハジロが浮いていますが、ミコアイサはやや近くにいます。オスはまだきれいな繁殖羽になりきっていませんでした。

ミコアイサ♂091121
ミコアイサ♂(エクリプス)

ミコアイサ♀091121
ミコアイサ♀

最も数が多かったのはオナガガモで、一番人馴れしています。

オナガガモ091121
オナガガモ♂

ヒドリガモは少数ながら、ピューという甲高い声が目立ちます。

ヒドリガモ091121
ヒドリガモ♂

キンクロハジロは盛んに潜水して餌を採っていました。

キンクロハジロ091121
キンクロハジロ♂
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
小春日和-鳥編
2009/11/16(Mon)
さて、鳥の方では、公園の池でいつものようにアオサギが餌を狙っていました。ところが、水生生物ではなく近くに飛び出したバッタを素早く捕らえていました。

アオサギ091115
アオサギ

脇を流れる北川では、まったりしているカルガモたちの中をコサギが餌を追いかけていました。

コサギ091115
コサギ

今年は珍しくほぼ一年中見られたホオジロですが、この時期になって数が増えてきました。

ホオジロ091115
ホオジロ♀

今シーズン最初の冬鳥の撮影は、大陸からやって来たジョウビタキでした。できは今一でしたが・・・・・

ジョウビタキ091115
ジョウビタキ♂
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
小春日和-蝶編
2009/11/15(Sun)
今日は長雨も終わり、小春日和の一日でした。
MFでは暖かさに誘われるように、比較的多くの蝶たちが姿を見せてくれました。
成虫のまま越冬する蝶が多く、キチョウが最も目に付きます。

キチョウ091115
キチョウ

ムラサキシジミも今日はよく見られました。でも近くで青く輝く翅表を見せてくれたのは一頭だけ。

ムラサキシジミ091115b
ムラサキシジミ(表)

ムラサキシジミ091115a
ムラサキシジミ(裏)

タテハチョウの仲間は成虫越冬する種が多くいますが、今日はキタテハとヒメアカタテハが見られました。

キタテハ091115
キタテハ

ヒメアカタテハ091115
ヒメアカタテハ

今シーズンは蝶の記事はこれが最後になるかもしれません。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |