10月最後の日に
2009/10/31(Sat)
10月も今日で終わりです。秋も深まり、MFではジョウビタキ・シメといった冬鳥たちが見られるようになりました。
蝶たちはすっかり少なくなりましたが、早春から晩秋まで見られるモンシロチョウやベニシジミは元気です。

モンシロチョウ091031
モンシロチョウ

ベニシジミ091031
ベニシジミ

今年はよくウラナミシジミを見ますが今日もいました。南からやって来た彼らは成虫はもちろん、卵や幼虫でも関東の寒さに越冬できず、まもなく死滅してしまいます。

ウラナミシジミ091031b
ウラナミシジミ(表)

ウラナミシジミ091031a
ウラナミシジミ(裏)

思いがけず、まだMFでは撮影していなかったクロコノマチョウが現れました。元々ここには生息していなかった南方系の種ですが、どうやらここでも定着しているようです。

クロコノマチョウ091031
クロコノマチョウ

この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
久々に鳥
2009/10/11(Sun)
MFではさっぱり渡りの小鳥(ヒタキ類)に会えないので、さいたま市の荒川沿いの公園に行ってみました。
森に入ると早速20人程のバーダーがレンズで何か狙っています。アオゲラが木をつついて餌を探していました。

アオゲラ091011
アオゲラ

しばらくするとお目当ての渡りのヒタキが現れました。エゾビタキが10m余りの木のてっぺんにいました。

エゾビタキ091011
エゾビタキ

さらにコサメビタキもいましたが、これも高い所です。エゾビタキと共にじみですが、目が大きくかわいい鳥です。

コサメビタキ091011
コサメビタキ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
渡り鳥の代わりに
2009/10/04(Sun)
今日こそ秋の渡りの小鳥に会いたいと思ってMFに行きましたが、やはり全然見つかりません。昨冬確認できなかったカケスがいましたが、声のみの確認で撮影はできませんでした。
そこで今日は蝶の撮影となりました。
特に珍しい蝶はいませんが、見られる種類も個体数もかなり多くなりました。
草地の花ではヒメアカタテハやベニシジミが吸蜜していました。

ヒメアカタテハ091004
ヒメアカタテハ

ベニシジミ091004
ベニシジミ

ウラギンシジミは文字通り翅の裏が銀色です。

ウラギンシジミ091004
ウラギンシジミ

ヒメウラナミジャノメはくっきりした蛇ノ目模様があります。

ヒメウラナミジャノメ091004
ヒメウラナミジャノメ

ゴイシシジミは今年はほとんど見られず心配しましたが、親子とも餌を供給してもらうササコナフキツノアブラムシにまとわりついていました。

ゴイシシジミ091004
ゴイシシジミ(左上にアブラムシ)
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |