緑のきらめき
2018/07/16(Mon)
7月1日、緑にきらめくミドリシジミの仲間、ゼフィルスを求めて仙台郊外の泉ヶ岳へ向かいました。今回は最強の大先輩がご一緒してくれたので大船に乗った気分です。
7時前に第一のポイントに着くと、まだ条件が整わないのかゼフィルスは見当たりません。しばらく待っていると、ポツポツと姿を現し始めました。最初に林の中の陽だまりに降りて来てくれたアイノミドリシジミのオスは、やや擦れて角度が微妙で輝きがもう一つでした。

アイノミドリシジミ180701a
アイノミドリシジミ

しかし、この1頭を皮切りに、アイノミドリシジミの緑のシャワーといった状態になりました。次々と目の前に舞い降りてテリトリーを張ったり、卍巴飛翔を繰り広げたりしています。頭の方から撮ると緑に強く輝きます。

アイノミドリシジミ180701b
アイノミドリシジミ

翅裏だけだと同定するのはなかなかやっかいです。

アイノミドリシジミ180701u
アイノミドリシジミ

10時前になると活動時間も終わり、アイノミドリシジミはパッタリ姿を消してしまいました。
そこで、今度はメスアカミドリシジミを狙って第二のポイントに向かいます。活動時間の10時を過ぎるとあちこちに姿が見られました。しかし、なかなか目の前すぐの所には来てくれません。

メスアカミドリシジミ180701a
メスアカミドリシジミ

場所を替えてみると、今度は数は少ないもののサービスの良い個体がいました。

メスアカミドリシジミ180701b
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ180701u
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミの活動時間も終わりに近づき昼食を食べていると、翅裏が金色のウラキンシジミが現れました。

ウラキンシジミ180701
ウラキンシジミ

おまけに渓流性のクロサナエも姿を見せてくれました

クロサナエ180701
クロサナエ

この日は目当てのゼフィルスを堪能でき、大先輩A氏に感謝いっぱいです。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
梅雨空の仙台MF
2018/06/24(Sun)
週末の雲行きが怪しかったので遠出はあきらめて、17日はMF台原森林公園で華麗なシジミチョウ、ゼフィルスを探してみました。
しかし、暗めの森では目に付くのはジャノメの仲間ばかりです。

コジャノメ180617
コジャノメ

クロヒカゲ180617
クロヒカゲ

よく見るとヒメウラナミジャノメはきれいな模様をしています。

ヒメウラナミジャノメ180617
ヒメウラナミジャノメ

やっとゼフィルスが1頭、ミズイロオナガシジミが見つかりました。

ミズイロオナガシジミ180617
ミズイロオナガシジミ

ふと見ると林縁にオナガサナエがとまっていました。ここでは初めての確認です。

オナガサナエ180617
オナガサナエ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
GWの林の中は
2018/05/13(Sun)
GW終盤の5日、久しぶりに東村山MFを歩いてみました。今春は桜の開花から季節の進行が異常に速いようで、MFではもはや早春の蝶も全く見られず、すっかり初夏のような感じです。
林の中ではジャノメチョウの仲間がよく見られました。蛇の目模様がよく目立つコジャノメがいました。

コジャノメ180505
コジャノメ

サトキマダラヒカゲは樹液によく集まります。

サトキマダラヒカゲ180505
サトキマダラヒカゲ

林の中で最もよく見かけたのはクロヒカゲでした。

クロヒカゲ180505
クロヒカゲ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
女神に会いに
2018/04/25(Wed)
21日、春の女神ギフチョウに会いに、山形庄内地方に行ってきました。定番ながらカタクリで吸密する姿を撮影したかったのですが、一人では探し当てる保証がありませんでした。そこへ、大先輩から確実な場所にお連れ下さるとのうれしいお誘い。仙台を早朝に出発し、目的地には8時頃に到着しました。
しばらくすると絶滅危惧種(環境省)でもあるギフチョウが姿を見せ始め、カタクリで吸密するものも現れました。オスも羽化後間もないようで、きれいな個体が目立ちます。

ギフチョウ180423o
ギフチョウ

ギフチョウ180423u
ギフチョウ

しかし、この日は気温がかなり高かったせいで、カタクリもぐもぐタイムは短時間で終わってしまいました。この時期発生してるのは主にオスですが、メスを求めて飛び回るばかりになってしまいました。そこで吸密写真はあきらめて、飛翔写真にチャレンジしてみました。
残雪残る山並みを背景にしてみました。

ギフチョウ180423c
ギフチョウ

一輪咲いていたユキツバキに目もくれず通過していきました。

ギフチョウ180423b
ギフチョウ

オス同士が絡んで飛翔。もう少し中程に入ってくれればいい感じだったのに・・・

ギフチョウ180423a
ギフチョウ

産卵するコシノカンアオイを探してか、地際低くを飛ぶメスに一番ピンがきました。

ギフチョウ180423d
ギフチョウ

たくさんの撮影チャンスを与えてくれた大先輩I氏に感謝感謝です。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
シミだらけ
2018/04/09(Mon)
1日は、泉ヶ岳中腹では陽射しが出ると蝶も見られました。白っぽい蝶が数頭、弱々しく舞っています。
近寄ってみるとスジボソヤマキチョウでした。フキの花で吸密しはじめました。成虫で越冬し、翅に破損はほとんどなかったものの、色が褪せてシミだらけです。

スジボソヤマキチョウ180401
スジボソヤマキチョウ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
この時期に蝶が!
2017/12/16(Sat)
3日、何か冬鳥に会えないかと仙台の県民の森に行ってみました。
しかし、鳥の姿は少なく、会えたのはマヒワぐらいでした。それも高い枝先ばかりで・・・

マヒワ171203
マヒワ

ところが、この日は意外に陽射しが暖かかったせいで、思いがけず蝶の姿を見かけました。成虫越冬の蝶ですが、仙台で12月に活動している蝶を見たのは初めてでした。

キチョウ171203
キチョウ

アカタテハ171203
アカタテハ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
寒くなっても頑張ってる
2017/11/16(Thu)
時々陽は射しても寒い日でしたが、11日は仙台MFの台原森林公園をまわってみました。
この時期でも暖かければ元気なアキアカネも、気温が上がらずおとなしくしてます。

アキアカネ171111
アキアカネ

緑鮮やかなセスジツユムシは、不思議なことに思いっきり姿が目立つ紅葉したドウダンツツジの上に何頭か見られます。

セスジツユムシ171111
セスジツユムシ

日当りの良い樹木には、恐ろし気な肉食カメムシのヤニサシガメの幼虫がいました。

ヤニサシガメ171111
ヤニサシガメ

蝶はスジグロシロチョウのみが見られました。成虫越冬できない蝶の姿は、これが今年最後でしょうか。

スジグロシロチョウ171112
スジグロシロチョウ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
会津は晩秋①
2017/11/11(Sat)
会津の山中は最低気温が0℃程に冷え込み、紅葉も終わりかけていました。そんな中、11月7日は小春日和に恵まれました。
キチョウがちらほら見られ、わずかに残る花で吸密している個体もいました。

キチョウ171107
キチョウ

シータテハは元気に飛び回っていました。

シータテハ171107
シータテハ

ウラギンシジミも現れ、この日目にしたのは全て暖かさに誘われて出てきた成虫越冬する蝶でした。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ムモンアカシジミ
2017/09/14(Thu)
仙台は7月下旬から8月下旬にかけて、観測史上1位となる36日連続降雨という異常気象で、虫探しもままならない状況でした。
蝶の成果はほとんどあがらず、もう今年はダメだなとあきらめていましたが、ダメもとで10日に仙台郊外の泉ヶ岳に行ってみました。
時期的に運が良ければムモンアカシジミに会えるかもと思いながら探索していると、行くてに小さなオレンジの蝶が舞っています。ムモンアカシジミに間違いないと確信し、降り立った茂みに急いで駆け寄りました。するとまさしくムモンアカシジミが、目の高さの葉の上にとまっていました。ゼフィルスの1種ですが、成虫の発生時期が8月と遅く、幼虫は肉食の時期があったりアリに守られたりと不思議な生態の蝶です。会えそうでなかなか会えない蝶だったのでラッキーでした。

ムモンアカシジミU170910
ムモンアカシジミ

ムモンアカシジミO170910
ムモンアカシジミ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
晩夏の高原
2017/08/31(Thu)
29日は夏休みで北軽井沢へ。長野原町の標高1200m程の草原のアザミの仲間には、いろんな蝶が吸密に訪れていました。
きれいな黄色でとがった翅を持つスジボソヤマキチョウは、来年の初夏まで生き残ります。

スジボソヤマキチョウ170829
スジボソヤマキチョウ

大きく派手なキゲハが目立ちます。

キアゲハ170829
キアゲハ

逆に地味なジャノメチョウもやって来ます。

ジャノメチョウ170829
ジャノメチョウ

ヒョウモン類が最も多く見られますが、ミドリヒョウモンとウラギンヒョウモンしか見つかりません。

ミドリヒョウモン170829
ミドリヒョウモン

ウラギンヒョウモン170829
ウラギンヒョウモン

しかし、残念なことに数種の目標にしていた蝶には全く出会えません。がっかりして宿に帰ると前の道にホシミスジがいました。かろうじて目標を1種ゲットできました。

ホシミスジ170829
ホシミスジ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ