緑のきらめき
2018/07/16(Mon)
7月1日、緑にきらめくミドリシジミの仲間、ゼフィルスを求めて仙台郊外の泉ヶ岳へ向かいました。今回は最強の大先輩がご一緒してくれたので大船に乗った気分です。
7時前に第一のポイントに着くと、まだ条件が整わないのかゼフィルスは見当たりません。しばらく待っていると、ポツポツと姿を現し始めました。最初に林の中の陽だまりに降りて来てくれたアイノミドリシジミのオスは、やや擦れて角度が微妙で輝きがもう一つでした。

アイノミドリシジミ180701a
アイノミドリシジミ

しかし、この1頭を皮切りに、アイノミドリシジミの緑のシャワーといった状態になりました。次々と目の前に舞い降りてテリトリーを張ったり、卍巴飛翔を繰り広げたりしています。頭の方から撮ると緑に強く輝きます。

アイノミドリシジミ180701b
アイノミドリシジミ

翅裏だけだと同定するのはなかなかやっかいです。

アイノミドリシジミ180701u
アイノミドリシジミ

10時前になると活動時間も終わり、アイノミドリシジミはパッタリ姿を消してしまいました。
そこで、今度はメスアカミドリシジミを狙って第二のポイントに向かいます。活動時間の10時を過ぎるとあちこちに姿が見られました。しかし、なかなか目の前すぐの所には来てくれません。

メスアカミドリシジミ180701a
メスアカミドリシジミ

場所を替えてみると、今度は数は少ないもののサービスの良い個体がいました。

メスアカミドリシジミ180701b
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ180701u
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミの活動時間も終わりに近づき昼食を食べていると、翅裏が金色のウラキンシジミが現れました。

ウラキンシジミ180701
ウラキンシジミ

おまけに渓流性のクロサナエも姿を見せてくれました

クロサナエ180701
クロサナエ

この日は目当てのゼフィルスを堪能でき、大先輩A氏に感謝いっぱいです。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
シミだらけ
2018/04/09(Mon)
1日は、泉ヶ岳中腹では陽射しが出ると蝶も見られました。白っぽい蝶が数頭、弱々しく舞っています。
近寄ってみるとスジボソヤマキチョウでした。フキの花で吸密しはじめました。成虫で越冬し、翅に破損はほとんどなかったものの、色が褪せてシミだらけです。

スジボソヤマキチョウ180401
スジボソヤマキチョウ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
一番好きな鳥
2018/04/07(Sat)
4月1日、何かサプライズでもないかと仙台郊外の泉ヶ岳中腹に出かけました。雪はほぼ消えましたが冬枯れの山です。
林を歩いていると、比較的近くからミソサザイの囀りが聞こえてきました。しばらくじっと待っていると、茂みの中を小さな影が近づいて来ます。とうとう私の目の前にやって来て、力いっぱい囀って去って行きました。

ミソサザイ180401a
ミソサザイ

ミソサザイ180401b
ミソサザイ

ミソサザイは日本で最も小さい鳥の1つですが、まだ静かな早春の山で体に似合わない大きな、そして美声を聞かせてくれる私の一番好きな鳥なんです。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
オオルリボシヤンマ
2017/09/17(Sun)
10日、仙台市郊外の泉ヶ岳山麓のため池にもトンボを探しに寄ってみました。
水面を見回すと大型のトンボがたくさん飛び交っています。ほとんどがパトロール飛翔しているオオルリボシヤンマのオスです。黒い体にルリ色の斑紋が鮮やかです。

オオルリボシヤンマ♂170910a
オオルリボシヤンマ♂

なわばりを巡って、あちこちでオス同士のバトルも見られました。

オオルリボシヤンマ♂170910b
オオルリボシヤンマ♂

そんな喧騒をよそに、メスは水草で産卵をしているものが何頭か見られました。

オオルリボシヤンマ♀170910
オオルリボシヤンマ♀
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
ムモンアカシジミ
2017/09/14(Thu)
仙台は7月下旬から8月下旬にかけて、観測史上1位となる36日連続降雨という異常気象で、虫探しもままならない状況でした。
蝶の成果はほとんどあがらず、もう今年はダメだなとあきらめていましたが、ダメもとで10日に仙台郊外の泉ヶ岳に行ってみました。
時期的に運が良ければムモンアカシジミに会えるかもと思いながら探索していると、行くてに小さなオレンジの蝶が舞っています。ムモンアカシジミに間違いないと確信し、降り立った茂みに急いで駆け寄りました。するとまさしくムモンアカシジミが、目の高さの葉の上にとまっていました。ゼフィルスの1種ですが、成虫の発生時期が8月と遅く、幼虫は肉食の時期があったりアリに守られたりと不思議な生態の蝶です。会えそうでなかなか会えない蝶だったのでラッキーでした。

ムモンアカシジミU170910
ムモンアカシジミ

ムモンアカシジミO170910
ムモンアカシジミ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
まだまだ元気なヒョウモン類
2016/09/27(Tue)
24日、仙台市郊外の泉ヶ岳山麓から中腹にかけてまわってみました。
トンボは思ったほど見られませんでしたが、ため池で産卵行動をしているオオルリボシヤンマがいました。できればきれいなオスに会いたかったのですが・・・

オオルリボシヤンマ160924
オオルリボシヤンマ

湿地ではヒメアカネに会えました。最も小さいアカトンボで、宮城県レッドリストで最高ランクの希少種です。

ヒメアカネ160924
ヒメアカネ

秋になって多くの花が咲いていますが、チョウたちもあちこちで吸密に訪れていました。成虫で越冬後はボロボロになっているスジボソヤマキチョウはまだきれいな翅をしています。

スジボソヤマキチョウ160924
スジボソヤマキチョウ

するとそこにオオウラギンスジヒョウモンがやって来ました。

オオウラギンヒョウモン160924
オオウラギンスジヒョウモン

ミドリヒョウモンやメスグロヒョウモンなども、翅は傷んでいてもまだまだ元気な姿が見られました。

ミドリヒョウモン160924
ミドリヒョウモン

メスグロヒョウモン160924
メスグロヒョウモン
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
泉ヶ岳の国蝶
2016/07/30(Sat)
23日、久しぶりに仙台市街から眺めることのできる泉ヶ岳中腹を歩いてみました。
ちょっとした草地には、最近会うことのなかったコキマダラセセリがいました。

コキマダラセセリ160723
コキマダラセセリ

林には国蝶オオムラサキがいました。しかし、華麗な翅表はなかなか見せてくれません。

オオムラサキ160723b
オオムラサキ

オオスズメバチが陣取る樹液にやって来た個体は、かろうじて表を見せてくれましたが、きれいな色が出せませんでした。

オオムラサキ160723a
オオムラサキ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |