山奥の森の池沼 -カエル-
2018/06/30(Sat)
24日に訪れた森の池沼には、いろいろな水辺の生き物がいました。
池沼の周囲の枝先には、モリアオガエルの泡の卵がたくさん見られました。産卵後かなり時間は過ぎてるようで、泡は表面が茶色がかっています。

モリアエガエル卵180624
モリアオガエル卵

水際にはモリアオガエルの成体も見られました。

モリアオガエル180624
モリアオガエル

ツチガエルの声も聞こえてきて、やはり水際に成体が見られました。

ツチガエル180624
ツチガエル

水の中には種ゲンゴロウやイモリがいて、これらのオタマジャクシを捕らえようと待ち構えています。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
山奥の森の池沼 -トンボ-
2018/06/28(Thu)
24日、宮城加美町の山奥の池沼にトンボを探しに行ってみました。道のない森の中をクマに遭遇しないかと心配しながら、少し迷ったものの目指す池沼にたどり着きました。
たくさん見られたのはエゾイトトンボで、連結しているペアもいます。

エゾイトトンボ180624
エゾイトトンボ

春のトンボ、コサナエもまだ何頭も見られます。

コサナエ180624
コサナエ

ニホンカワトンボ、アオイトトンボやモノサシトンボも見られましたが、いずれもよく見かける種ばかりです。

ニホンカワトンボ180624
ニホンカワトンボ

アオイトトンボ180624
アオイトトボ

モノサシトンボ180624
モノサシトンボ

そして、やっとなかなか見られないオゼイトトンボの連結しているペアが見つかりました。東北日本の特産種になります。

オゼイトトンボ180624
オゼイトトンボ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
暗い森で
2018/05/26(Sat)
20日、利府町の県民の森に出かけました。森の木々はもうすっかり若葉が茂り、夏鳥の季節になっています。
暗い森の中でクロツグミに出会いました。私の近くに降りてきて、地面をほじくって餌を探していました。出かけた時間が遅かったせいか、囀りは聞かなかったのでちょっとびっくりしました。

クロツグミ180520a
クロツグミ

クロツグミ180520b
クロツグミ

暗い森を好むサンコウチョウも、月日星と名前の由来の囀りが時々聞こえてきます。近くに来ないかとしばらく待っていると、英名にパラダイスと付く華麗な舞姿で私の前を横切って行きました。

サンコウチョウ180520a
サンコウチョウ

サンコウチョウ180520b
サンコウチョウ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
冬の海の鳥
2018/02/28(Wed)
25日、この冬は陸の鳥は期待外れが続いてるので、比較的近い日本三景松島の東松島沿岸に海の鳥に会いに行ってみました。
早速、スズガモの大きな群れが岸寄りに浮かんでいました。冬の海で普通に群れを見ますが、いつもそれ程近づけなくて、ちゃんと写真が撮れてなかった気がしたので、まずはスズガモを撮ることにしました。

スズガモ180225b
スズガモ

スズガモ180225
スズガモ♂

カメラで撮影していると、全く偶然に違う鳥がファインダーに飛び込んで来ました。なんとコオリガモのオスです。冬に北日本の海にやって来ますが本州ではまれです。細長い尾羽が特徴的です。

コオリガモ&スズガモ180225
コオリガモ♂(右上)&スズガモ♀(左上)

コオリガモ180225
コオリガモ♂

彼らと離れた所には、やはり冬鳥のホオジロガモのオスも見られました。

ホオジロガモ180225
ホオジロガモ♂

上空には海の猛禽ミサゴが何度か姿を見せ、獲物を探しているようでした。国の絶滅危惧種ですが、宮城の沿岸では少数が繁殖します。

ミサゴ180225
ミサゴ

にわかにカモたちが騒ぎ出したので、もしやと思って空を見渡すと大きなオジロワシが低空で飛んできました。国・県の絶滅危惧種で天然記念物にも指定されていますが、この地域で越冬しているのでしょうか。

オジロワシ180225
オジロワシ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
南三陸の海
2018/01/31(Wed)
28日、南三陸町の沿岸に向かいました。ここは藻場(海草)の海が評価されて、ラムサール湿地に今年登録される見込みです。そして、国天然記念物の絶滅危惧種コクガンの越冬地にもなっています。今までちゃんとコクガンが撮影できてなかったので、遅まきながらコクガンに会いに行きました。
最初に大きめの漁港で10羽程の群れを見つけましたが、逆光で距離も遠目で良い写真は撮れずでした。
その後、念のためにと覗いてみた小さな漁港で、船着き場の水際で海草を食べている1羽のコクガンに出会いました。逃げないように距離を取って撮影してましたが、明らかに私に気が付いてるのに全く警戒せず、逆にどんどん近づいて来ます。10m以内にまで寄って来てビックリです。そしてたくさん食べて満腹になったのか、泳いで沖に去って行きました。

コクガン180128c
コクガン

コクガン180128b
コクガン

別の漁港ではヒドリガモと一緒に海草を食べている小さな群れがいました。この日は会えたコクガンの数は多くありませんでしたが、じっくり撮影・観察して帰路につくことができました。

コクガン&ヒドリガモ180128
コクガン&ヒドリガモ

コクガン180128a
コクガン
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
変わり映えせず
2018/01/18(Thu)
13日、この冬3度目の宮城のラムサール湿地蕪栗沼遠征です。
10万羽近くが越冬に渡来している天然記念物マガンは、相変わらず沼周辺の水田地帯にたくさんいて、伸びをしてくつろいだりしています。

マガン180113a
マガン

しばしば上空も飛び交っています。

マガン180113b
マガン

ランクの高い絶滅危惧種のヨシ原の猛禽類チュウヒも、いつものように時折ハンティングか沼上空を舞います。

チュウヒ180113b
チュウヒ

チュウヒ180113a
チュウヒ

これだけでも全国的に見れば十分希少な成果ですが、目的の鳥に会えなかったこともあり、ここではすっかり見慣れてしまって、全然変わり映えしないなあと感動も薄れてしまうのでした。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
これでおしまい
2017/12/29(Fri)
23日、快晴で風も弱い好天に恵まれ、一路県北のラムサール湿地蕪栗沼を目指しました。
沼の周りの水田地帯にはマガンの大群が散在しています。希少なガン類が混ざってないか探すと、シジュウカラガンがぽつぽつ見つかりました。シジュウカラガンは主に千島列島から越冬にやって来る、環境省レッドリスト最高ランクの希少種です。昼寝中のマガンの間を歩きながら落穂などを食べていました。

シジュウカラガン171223
シジュウカラガン

蕪栗沼では猛禽がいないか探していました。頭上近くをハクチョウが横切りました。ここにいるのはオオハクチョウのみと思ってたら、これはコハクチョウでした。

コハクチョウ171223
コハクチョウ

猛禽類は何度か遠くに絶滅危惧種チュウヒが飛んでいましたが、なかなか近くに来てくれません。こちらに真っ直ぐ向かって来たワンチャンスには、なかなかうまくピントが合いません。そばを横切ったときは下を見て、餌を探してるようでした。

チュウヒ171223a
チュウヒ

チュウヒ171223b
チュウヒ

今年はもう大晦日まで野暮用があり、この日が鳥見納めかな。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ねぐら入り
2017/12/12(Tue)
蕪栗沼ではこの時期、日暮れ時にガンたちの壮大なねぐら入りの光景が見られます。2日、ガン類や猛禽類を探索した後、その光景も見てみました。
夕日に染まった雲を背景にオオハクチョウも戻って来ます。

オオハクチョウ171202
オオハクチョウ

7万羽のマガンが四方八方から戻って来ます。

マガン他171202
マガン

この日はたまたまスーパームーン前夜で、大きな丸い月が出ていました。かの歌川広重の浮世絵「月に雁」を狙ってみたところ、なんとか両者がファインダーに納まるラッキーに恵まれました。

マガン月171202b
マガン

マガン月171202a
マガン
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
猛禽類探索
2017/12/10(Sun)
2日は、ガン類の探索と併せて、蕪栗沼のもう1つの目玉、猛禽類も期待していました。
遠くの木にオジロワシ(天然記念物・環境省RL絶滅危惧種)がとまっていました。撮影準備をしていると、カラスにちょっかいを出されて飛び立ってしまいました。しかもさらに遠ざかって飛んで行ってしまいました。

オジロワシ171202
オジロワシ

チュウヒ(環境省RL絶滅危惧種)もこの日はあまり現れず、遠いヨシ原でホバリングしながら餌探しをしていました。

チュウヒ171202
チュウヒ

そして、比較的近くの木に猛禽類を発見。一瞬喜びましたが、ノスリだったのでがっかり。ってノスリに怒られそう。

ノスリ171202
ノスリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ガン類探索
2017/12/08(Fri)
12月2日、今シーズン初めて宮城県北のラムサール湿地蕪栗沼とその周辺を回ってみました。ガン類の国内最大規模の越冬地で、まずは数種のガン類を探します。
沼には多くのオオヒシクイ(天然記念物)が休んでいました。ここにいる時はあまり警戒心はありません。

ヒシクイ171202b
オオヒシクイ

ヒシクイ171202a
オオヒシクイ

周囲の田んぼには、あちこちにマガン(天然記念物)の大きな群れが降り立っていますが、こちらは警戒心が強くてなかなか近寄らせてくれません。

マガン171202
マガン

そして、ここからがなかなか見つかりません。田んぼのマガンの群れをしらみつぶしに、他のガン類が混ざっていないか探します。ようやく見つかったのはマガンにそっくりなカリガネです。日本への渡来数はごくわずかで、環境省レッドリストでも大変ランクの高い希少種です。

カリガネ171202
カリガネ

結局この日は、3種のガン類の確認にとどまりました。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ