梅雨は明けたのに
2017/08/14(Mon)
例年より遅れて梅雨が明けた仙台ですが、8月になっても相変わらず雨がちな天気が続きます。
遠出もできず、週末5日も目の前の台原森林公園をのぞいて見るしかできません。
咲き始めたクサギにはカラスアゲハが何頭か訪れていました。

カラスアゲハ170805
カラスアゲハ

木立に囲まれた池にはオオシオカラトンボ、広い池にはクロイトトンボといつものメンバーが見られました。

オオシオカラトンボ170805
オオシオカラトンボ

クロイトトンボ170805
クロイトトンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
コフキトンボ
2017/07/13(Thu)
8日、この日も梅雨明け前なのに暑さが厳しく、台原森林公園でお茶を濁してしまいました。
この公園にはそこそこ水辺はあるのに、トンボの種類も個体数も少なめです。たいして期待せずに歩いていると、この公園では未確認だったコフキトンボが水際に1頭いました。珍しい種ではありませんが、まわりを探しても他には見当たらず、たまたま1頭だけどこかからやって来たのでしょう。

コフキトンボ170708
コフキトンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
子育て奮闘中
2017/07/09(Sun)
2日、炎天下のMF台原森林公園にちょっと寄ってみました。
あまり生き物は見られませんでしたが、ツバメがせっせと子育てに励んでいました。食欲旺盛なヒナが4羽いて、しばらく見ていると、両親がひっきりなしに餌を運んで来ます。トンボを捕まえて来ることが多いようです。もう間もなく巣立ちでしょう。

ツバメ170701
ツバメ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
春のコサメビタキ
2017/04/28(Fri)
23日、渡りの夏鳥を探しに仙台MFの台原森林公園に出かけてみました。
まだ花盛りのサクラには、メジロが蜜を吸いに来ていました。

メジロ170423
メジロ

しかし、森からは夏鳥の気配が感じられません。探し回っていると、ようやく小さな声でぐぜっている鳥がいました。春にはあまり見たことがなかったコサメビタキが、芽生えたカエデの木立の中にいました。

コサメビタキ170423
コサメビタキ

他にはもう来たの?と早過ぎるホトトギスの声が聞こえただけでした
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
きれいなコガモ
2017/04/04(Tue)
仙台はなかなか暖かくならず、4月2日も冷ややかな空気に虫たちはあきらめて、冬鳥が残っていないかとMF台原森林公園をのぞいてみました。
相変わらずフレンドリーではないけれど、意外に冬鳥たちがまだいて、ベニマシコ・マヒワ・シロハラ他を見ることができました。
ここの池には珍しく1羽のコガモのオスが。普通種過ぎて普段は気にも留めませんが、じっくり見直してみるとオシドリにも負けないようなきれいな色模様です。すぐに北国へと旅立って行くでしょう。

コガモ170402
コガモ

オオバンも1羽がまだ見られて、とうとうこの池でひと冬を過ごしてしまいました。

オオバン170402
オオバン
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
のんびり仙台MF
2017/01/24(Tue)
22日、MFの台原森林公園を冬鳥目当てにのんびり一回りしてみました。
森にはカラ類の混群が見られます。カラじゃないけど構成メンバー、日本最小の小鳥のキクイタダキがせわしく枝先を回って餌を探しています。

キクイタダキ170122
キクイタダキ

やはりカラじゃない構成メンバーのコゲラは、木の幹を突いて餌を探します。

コゲラ170122
コゲラ

正真正銘のカラ、ヤマガラは枯れ木をむしって餌を探していました。

ヤマガラ170122
ヤマガラ

林縁では小さな猛禽、モズのオスを見ることができました。

モズ170122
モズ

池では暮れに見られたオオバンがいました。警戒心が薄れていて、こちらに向かって泳いできてアクビ?までしてました。

オオバン170122
オオバン

そして驚いたのはユリカモメ。暮れにわずかに見られたものがなんと50羽程に増え、人の餌を頼りにすっかり定着していました。

ユリカモメ170122
ユリカモメ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
雪の中のダイサギ
2017/01/17(Tue)
15日、積雪の中で思わぬ小鳥に出会えないかと台原森林公園をのぞいてみました。ルリビタキなどいましたが、シャッターチャンスがなく、相手をしてくれたのはダイサギでした。
白い雪の中で白いダイサギだったので、近くにいたのにすぐには気づきませんでした。それにしても、真冬のこんな浅くて小さい水路にダイサギの餌なんているのでしょうか?

ダイサギ170115
ダイサギ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
今度はオオバン
2016/12/24(Sat)
23日、台原森林公園の池に行ってみると、先週に続いてユリカモメがいました。しかも数が増えて5羽程。ここではカルガモやコイに餌をやる人達がいるので、ユリカモメも餌にありつける場所だと認識したのでしょうか。この日の様子だと冬中居着くかもしれません。

ユリカモメA161223
ユリカモメ(成鳥)

ユリカモメJ161223
ユリカモメ(幼鳥)

池に他に何かいないかと見渡すと、水際にオオバンが1羽いました。ここでは初めての確認です。まだ人馴れしてなくて、人を避けて行動しているようでした。

オオバン161223
オオバン
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
頑張れウラギンシジミ
2016/12/23(Fri)
23日、晴れて気温も高めながら強風の中、そろそろ何か冬鳥がいないかと台原森林公園に出かけてみました。
前方にチラチラ銀色に輝くものが見えました。ウラギンシジミに間違いないと思って駆け寄り、あたりを探してみるとやはりいました。すっかり寒くなった仙台では、今年はもう虫たちに会うことはないだろうと、マクロレンズも置いてきてしまったので、超望遠で撮影を試みました。ウラギンシジミは成虫越冬なので、こんな日には日向ぼっこに現れるようです。無事に来春まで生き残ってほしいものです。

ウラギンシジミ161223
ウラギンシジミ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
ユリカモメ
2016/12/18(Sun)
12月17日、泉ヶ岳方面は雪雲にすっかり覆われて全く姿が見えません。雪雲は時々ここ台原森林公園あたりにもかかってきます。
公園に着いてふと上を見ると、なんとカモメが飛んでいます。池の方に向かったので追いかけて行ってみます。すると2羽のユリカモメがカルガモと共に水面に浮かんでいました。

ユリカモメ161217
ユリカモメ

ユリカモメは冬鳥として主に海辺に渡来しますが、内陸の水辺にも時折やって来ます。しかし、川沿いでもなく、大きくもないこの公園の池にやって来たのは驚きです。しかし、前にウミアイサも見たし、ミサゴを見たと言う人もいました。マメに観察してれば思わぬ鳥が来るようです。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ