まだまだ雪山
2018/03/20(Tue)
17日、福島県の裏磐梯地域を訪れました。今シーズンなかなか会えない冬鳥を、ラストチャンスのつもりで探しに行ったのですが、まだまだ山林は雪深くて歩ける所は限られています。結局冬鳥にはほとんど会えませんでしたが、標高の高い所で生息する留鳥などをそれなりに楽しむことができました。
カラ類の混群にキバシリが見られました。ひっそり暮らしていて滅多に出会える鳥ではないですが、割に長時間近くの樹幹を動き回って虫などの餌を探していました。

キバシリ180317a
キバシリ

背中の模様が樹皮に紛れて、じっとしてると見つけるのは困難です。

キバシリ180317b
キバシリ

ゴジュウカラはもう繁殖の準備か樹洞に出入りしていました。

ゴジュウカラ180317
ゴジュウカラ

よく見られたのはコガラで、きれいな囀りを聞かせてくれました。

コガラ180317
コガラ

アカゲラも繁殖期に入るようで、激しく木をたたくドラミングをしていました。

アカゲラ180317
アカゲラ

アオゲラはいきなり頭の上にやって来ましたが、どうにもいい角度で見通しがきかず、苦しい撮影となってしまいました。

アオゲラ180317
アオゲラ

ウソは盛んに膨らみ始めた冬芽をついばんでいて、口から溢れんばかりになっていました。

ウソ180317b
ウソ

ウソ180317a
ウソ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
会津は晩秋②
2017/11/13(Mon)
会津の山中では、まだ冬鳥たちは本格的に渡来していないのか、留鳥だけが目立ちました。
そばにヒガラがやって来て、丹念に枝先などで餌を探しています。見事カメムシのような虫を捕まえて飛び去って行きました。

ヒガラ171109a
ヒガラ

ヒガラ171109b
ヒガラ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
会津の虫たち
2016/06/26(Sun)
16日から17日にかけて、福島会津地方の柳津町の山間部にいました。
環境省レッドリストで希少種とされているヒメシジミはあちこちで見ることができました。オスはきれいなブルーをしています。

ヒメシジミ160616
ヒメシジミ

交尾中のペアも見られました。

ヒメシジミ♂♀160616
ヒメシジミ

サカハチチョウはまだ複雑模様の春型です。

サカハチチョウ160616
サカハチチョウ

華麗なミヤマカラスアゲハは路上で吸水していました。

ミヤマカラスアゲハ160616
ミヤマカラスアゲハ

オオミスジが幼虫の食草の古い梅の周りに数頭見られました。

オオミスジ160616
オオミスジ

路上には、原始的な形質を持つ日本特産種、ムカシヤンマがとまっています。

ムカシヤンマ160617
ムカシヤンマ

草の上にはダビドサナエがとまっていました。

ダビドサナエ160617
ダビドサナエ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |