南三陸の海
2018/01/31(Wed)
28日、南三陸町の沿岸に向かいました。ここは藻場(海草)の海が評価されて、ラムサール湿地に今年登録される見込みです。そして、国天然記念物の絶滅危惧種コクガンの越冬地にもなっています。今までちゃんとコクガンが撮影できてなかったので、遅まきながらコクガンに会いに行きました。
最初に大きめの漁港で10羽程の群れを見つけましたが、逆光で距離も遠目で良い写真は撮れずでした。
その後、念のためにと覗いてみた小さな漁港で、船着き場の水際で海草を食べている1羽のコクガンに出会いました。逃げないように距離を取って撮影してましたが、明らかに私に気が付いてるのに全く警戒せず、逆にどんどん近づいて来ます。10m以内にまで寄って来てビックリです。そしてたくさん食べて満腹になったのか、泳いで沖に去って行きました。

コクガン180128c
コクガン

コクガン180128b
コクガン

別の漁港ではヒドリガモと一緒に海草を食べている小さな群れがいました。この日は会えたコクガンの数は多くありませんでしたが、じっくり撮影・観察して帰路につくことができました。

コクガン&ヒドリガモ180128
コクガン&ヒドリガモ

コクガン180128a
コクガン
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
やっと三陸海岸
2017/03/15(Wed)
行こう、行こう、と思いながらなかなか行けず、もうシーズンも終わる12日、やっと三陸沿岸に行ってきました。
女川から北に向かって、小さな漁港もできるだけ漏らさず鳥を探していきます。
比較的大きな湾の中程に10羽程の天然記念物、コクガンを見つけることができました。ちょっと遠かったけど・・・

コクガン170312
コクガン

まだ黒くて地味な姿の絶滅危惧種、ヒメウは小さな漁港で近くで見られました。

ヒメウ170312
ヒメウ

小さな川が流れ込んでいる浜で、カモメたちが水浴びをしてくつろいでいました。ほとんどがウミネコ、そしてオオセグロカモメです。

オオセグロカモメ170312
オオセグロカモメ

中にわずかにワシカモメが見られました。

ワシカモメ170312
ワシカモメ

海のカモ、ウミアイサも雌雄の小さな群れを漁港で間近に見ることができました。

ウミアイサ170312
ウミアイサ(手前がメス)

オスは風変わりな求愛ディスプレイを見せていました。

ウミアイサ♂170312
ウミアイサ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |