最後はアキアカネ?
2016/11/27(Sun)
20日、晴れて穏やかな台原森林公園に行ってみました。
しかし、昆虫はすっかり姿を消してしまい、蝶は1頭も見ることができませんでした。
わずかに生き残っていたアキアカネも、地表に止まっていて心なしか元気がありません。宮城ではこれが今年最後の昆虫のショットになりそうです。

アキアカネ161120
アキアカネ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
元気なアキアカネ
2016/10/31(Mon)
30日、すっかり秋が深まるMF台原森林公園に寄ってみました。
最低気温が5℃程になり、虫たちもほとんど姿を消してしまいました。そんな中、元気なのはアキアカネです。ひなたぼっこするもの、元気に飛んでいるもの、雌雄連結してるものなど、まだまだたくさん見られました。

アキアカネ161030b
アキアカネ

アキアカネ161030a
アキアカネ

オオアオイトトンボもなぜかこの時期になると目立ちます。

オオアオイトトンボ161030
オオアオイトトンボ

もうすぐ成虫のまま越冬するアカタテハも、天気が良いと元気に活動しています。

アカタテハ161030U
アカタテハ

アカタテハ161030O
アカタテハ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
まだまだ元気なヒョウモン類
2016/09/27(Tue)
24日、仙台市郊外の泉ヶ岳山麓から中腹にかけてまわってみました。
トンボは思ったほど見られませんでしたが、ため池で産卵行動をしているオオルリボシヤンマがいました。できればきれいなオスに会いたかったのですが・・・

オオルリボシヤンマ160924
オオルリボシヤンマ

湿地ではヒメアカネに会えました。最も小さいアカトンボで、宮城県レッドリストで最高ランクの希少種です。

ヒメアカネ160924
ヒメアカネ

秋になって多くの花が咲いていますが、チョウたちもあちこちで吸密に訪れていました。成虫で越冬後はボロボロになっているスジボソヤマキチョウはまだきれいな翅をしています。

スジボソヤマキチョウ160924
スジボソヤマキチョウ

するとそこにオオウラギンスジヒョウモンがやって来ました。

オオウラギンヒョウモン160924
オオウラギンスジヒョウモン

ミドリヒョウモンやメスグロヒョウモンなども、翅は傷んでいてもまだまだ元気な姿が見られました。

ミドリヒョウモン160924
ミドリヒョウモン

メスグロヒョウモン160924
メスグロヒョウモン
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
アカトンボはどこ?
2016/09/23(Fri)
9月17日は東村山の小学校の土曜講座でした。この日のテーマはアカトンボを主としたトンボ観察です。
北山公園の空にはたくさんのウスバキトンボが飛んでいましたが、天気が良過ぎたせいか児童の網が届く範囲には降りてきませんでした。
次いでシオカラトンボが多く、似ているオオシオカラトンボも少数見られました。

オオシオカラトンボ160917
オオシオカラトンボ

川沿いにはハグロトンボが見られました。

ハグロトンボ160917
ハグロトンボ

かんじんのアカトンボは、アキアカネがそこそこ見られました。しかし、それ以外のアカトンボが全く見られません。終了後にマユタテアカネを見つけたのが唯一でした。

マユタテアカネ160917
マユタテアカネ

それにしてもアカトンボたちはいったいどうしてしまったのでしょう? あんなにいたアカトンボたちが、年々種類も個体数も減少し、普通に見られたノシメトンボすら見られなくなってしまったとは・・・。最近、公園の大半を占める菖蒲田の水が早々に抜かれてしまうことが原因でしょうか?
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
目当ての蝶は?
2016/07/28(Thu)
10日、いくつかの蝶を目当てに仙台市の二口渓谷に向かいました。
まずゼフィルスの仲間を探しましたが全く会えず、トラフシジミが目に付く程度です。

トラフシジミ160710
トラフシジミ

こんな所にいると思わなかったヒメシジミがいました。よく見ると鼻先にダニが付いています。

ヒメシジミ160710
ヒメシジミ

あるセセリチョウに会いたかったのですが、見られたのは普通種のヒメキマダラセセリ、コチャバネセセリでした。

ヒメキマダラセセリ160710
ヒメキマダラセセリ

コチャバネセセリ160710
コチャバネセセリ

サカハチチョウは夏型の翅になっています。

サカハチチョウ160710
サカハチチョウ

目当ての蝶には会えず、それ以外の虫たちも数は少なめでした。
山地の渓流で見られるクロサナエがいました。

クロサナエ160710
クロサナエ

花に集まるヨツスジハナカミキリも見られました。

ヨツスジハナカミキリ160710
ヨツスジハナカミキリ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
梅雨時のトンボ
2016/07/24(Sun)
梅雨真っ只中の2日、なんとか良い天気だったので、仙台郊外のため池にトンボを見にいってみました。
期待は大きかったのですが、水面にはトンボの姿はあまり見られません。それでも水辺周りの草地を歩くと、ポツポツとトンボが飛び立ちます。
お腹が幅広なのはハラビロトンボです。

ハラビロトンボ160702
ハラビロトンボ

全体に黄色いキイトトンボ。

キイトトンボ160702
キイトトンボ

金緑色に輝くアオイトトンボ。

アオイトトンボ160702
アオイトトンボ

真っ赤だけどアカトンボの仲間ではないショウジョウトンボ。

ショウジョウトンボ160702
ショウジョウトンボ

体がものさしのようなモノサシトンボだけはたくさん見られました。

モノサシトンボ160702
モノサシトンボ

春に見られるコサナエもまだいます。

コサナエ160702
コサナエ

近くの藪には日本最大のジャノメチョウ、オオヒカゲのきれいな個体も見られました。

オオヒカゲ160702
オオヒカゲ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
会津の虫たち
2016/06/26(Sun)
16日から17日にかけて、福島会津地方の柳津町の山間部にいました。
環境省レッドリストで希少種とされているヒメシジミはあちこちで見ることができました。オスはきれいなブルーをしています。

ヒメシジミ160616
ヒメシジミ

交尾中のペアも見られました。

ヒメシジミ♂♀160616
ヒメシジミ

サカハチチョウはまだ複雑模様の春型です。

サカハチチョウ160616
サカハチチョウ

華麗なミヤマカラスアゲハは路上で吸水していました。

ミヤマカラスアゲハ160616
ミヤマカラスアゲハ

オオミスジが幼虫の食草の古い梅の周りに数頭見られました。

オオミスジ160616
オオミスジ

路上には、原始的な形質を持つ日本特産種、ムカシヤンマがとまっています。

ムカシヤンマ160617
ムカシヤンマ

草の上にはダビドサナエがとまっていました。

ダビドサナエ160617
ダビドサナエ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
昆虫でも意外な種が
2016/06/24(Fri)
11日は、台原森林公園でシジミチョウのゼフィルスの仲間を見つけるのが一番の目的でした。
まだ発生初期と思われ、きれいなアカシジミが現れましたが、すぐ飛び立ってしまい撮影できませんでした。
次いでウラナミアカシジミも姿を見せてくれました。

ウラナミアカシジミ160611
ウラナミアカシジミ

そのそばを大きめの黒い蝶が舞っています。とまったところを確認すると、予想外のミスジチョウでした。幼虫の食草のイロハモミジ等はそこそこ生育してるので、ここで繁殖しているのでしょうか。

ミスジチョウ160611
ミスジチョウ

トンボでも予想外の出会いがありました。仙台郊外ではしばしば見かけるエゾイトトンボが水際にいました。

エゾイトトンボ160611
エゾイトトンボ

近年、各地でカシノナガキクイムシに起因するナラ類の枯死が目立っています。台原森林公園でもコナラの被害が深刻で、食害を受けて樹液を流している木が多く見られます。そこにはシロテンハナムグリが集まっていました。

shirotenhanamuguri160611_convert_20160619224353.jpg
シロテンハナムグリ

遠目にアオカナブンかと思ったほど緑に見えた緑色型のシロテンハナムグリもいました。

shirotenhanamugurib160611_convert_20160619224427.jpg
シロテンハナムグリ

台原森林公園は、主木とも言えるナラ枯れとマツ枯れがかなり目立ちます。健全な森林が守られれば良いのですが。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
貴重なため池
2016/05/31(Tue)
28日、春のトンボに会いに仙台市郊外のため池に出かけてみました。
この付近のため池は、ウシガエルもアメリカザリガニも侵入していない、数少ない日本本来の里山の自然が見られます。
水中を覗くと大きなゲンゴロウが泳いでいるのが見えました。ゲンゴロウは環境省、宮城県ともにレッドリストに記載される希少種です。

ゲンゴロウ160528
ゲンゴロウ

最も多く見られたトンボは、寒冷地に住むエゾイトトンボで、水際にはカップルになっているものもたくさんいました。

エゾイトトンボ160528
エゾイトトンボ

水面は大きな緑の目が印象的な、タカネトンボが何頭かパトロールしていました。

タカネトンボ160528
タカネトンボ

岸辺の枯草には、ヨツボシトンボが少数見られました。

ヨツボシトンボ160528
ヨツボシトンボ

他にも何種かトンボは見られましたが、なかなか近寄らせてくれず写真は撮れませんでした。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |