変わり映えせず
2018/01/18(Thu)
13日、この冬3度目の宮城のラムサール湿地蕪栗沼遠征です。
10万羽近くが越冬に渡来している天然記念物マガンは、相変わらず沼周辺の水田地帯にたくさんいて、伸びをしてくつろいだりしています。

マガン180113a
マガン

しばしば上空も飛び交っています。

マガン180113b
マガン

ランクの高い絶滅危惧種のヨシ原の猛禽類チュウヒも、いつものように時折ハンティングか沼上空を舞います。

チュウヒ180113b
チュウヒ

チュウヒ180113a
チュウヒ

これだけでも全国的に見れば十分希少な成果ですが、目的の鳥に会えなかったこともあり、ここではすっかり見慣れてしまって、全然変わり映えしないなあと感動も薄れてしまうのでした。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
これでおしまい
2017/12/29(Fri)
23日、快晴で風も弱い好天に恵まれ、一路県北のラムサール湿地蕪栗沼を目指しました。
沼の周りの水田地帯にはマガンの大群が散在しています。希少なガン類が混ざってないか探すと、シジュウカラガンがぽつぽつ見つかりました。シジュウカラガンは主に千島列島から越冬にやって来る、環境省レッドリスト最高ランクの希少種です。昼寝中のマガンの間を歩きながら落穂などを食べていました。

シジュウカラガン171223
シジュウカラガン

蕪栗沼では猛禽がいないか探していました。頭上近くをハクチョウが横切りました。ここにいるのはオオハクチョウのみと思ってたら、これはコハクチョウでした。

コハクチョウ171223
コハクチョウ

猛禽類は何度か遠くに絶滅危惧種チュウヒが飛んでいましたが、なかなか近くに来てくれません。こちらに真っ直ぐ向かって来たワンチャンスには、なかなかうまくピントが合いません。そばを横切ったときは下を見て、餌を探してるようでした。

チュウヒ171223a
チュウヒ

チュウヒ171223b
チュウヒ

今年はもう大晦日まで野暮用があり、この日が鳥見納めかな。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
猛禽類探索
2017/12/10(Sun)
2日は、ガン類の探索と併せて、蕪栗沼のもう1つの目玉、猛禽類も期待していました。
遠くの木にオジロワシ(天然記念物・環境省RL絶滅危惧種)がとまっていました。撮影準備をしていると、カラスにちょっかいを出されて飛び立ってしまいました。しかもさらに遠ざかって飛んで行ってしまいました。

オジロワシ171202
オジロワシ

チュウヒ(環境省RL絶滅危惧種)もこの日はあまり現れず、遠いヨシ原でホバリングしながら餌探しをしていました。

チュウヒ171202
チュウヒ

そして、比較的近くの木に猛禽類を発見。一瞬喜びましたが、ノスリだったのでがっかり。ってノスリに怒られそう。

ノスリ171202
ノスリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
風が強過ぎ!
2016/12/26(Mon)
24日、今シーズン初めて県北のラムサール湿地、蕪栗沼に希少な冬鳥たちに会いに出かけました。青空は良い感じで広がっていましたが、間断なく強風が吹き続く厳しい状況です。
我が国有数のガン類の渡来地ですが、水面では多くの天然記念物オオヒシクイが昼寝の最中です。中にポツポツとハクチョウも混ざります。

ヒシクイG161224
オオヒシクイ

ヒシクイ161224
オオヒシクイ

対岸遠くには休憩中のヘラサギも見られました。ヘラ状の口ばしが特徴的です。

ヘラサギ161224
ヘラサギ

猛禽類はなかなかシャッターチャンスがなく、薄っすら栗駒山を背景に遠目のチュウヒが精一杯でした。

チュウヒ161224
チュウヒ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |