FC2ブログ
飛翔を狙ってみました
2019/01/31(Thu)
20日、県北のラムサール湿地の蕪栗沼に行ってきました。ガン類やハクチョウは、沼の氷結していない場所にいます。
沼では飛翔写真を狙ってみました。オオヒシクイ(天然記念物、レッドリスト該当種)は、日中は沼で見られます。

ヒシクイ181222
オオヒシクイ

ヒシクイ181222b
オオヒシクイ

ヒシクイ181222c
オオヒシクイ

体の大きいオオハクチョウは、豪快に助走をして飛び立ちます。

オオハクチョウ181222a
オオハクチョウ

オオハクチョウ181222b
オオハクチョウ

オオハクチョウ181222c
オオハクチョウ

周辺の水田地帯には、あちこちにマガン(天然記念物、レッドリスト該当種)が見られます。

マガン190120
マガン
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
鳥見初めにはタカ
2019/01/12(Sat)
2019年最初の鳥見は5日、マイフィールドでの東村山市内小学校土曜講座の野鳥観察会でした。
最初に北山公園に向かうと、アオサギがほとんど身動きせずずっと池岸に立っていました。

アオサギ190105
アオサギ

水面は相変わらずマガモたちが主役になっています。

マガモ190105
マガモ

そんな中にコガモのオスばかり4羽が混ざっていました。この池に来るのは珍しいことです。

コガモ190105
コガモ

どこからかホオジロの地鳴きが聞こえてきます。探してみると木立のてっぺん付近に1羽のオスがいました。ホオジロもここには滅多にやって来ません。

ホオジロ190105
ホオジロ

オオタカが一瞬視界を横切りましたが、そのしばらく後にみんなの近くで旋回上昇していったのは、希少な猛禽類ハイタカでした。

ハイタカ190105
ハイタカ

お正月の縁起物をみんなでたっぷり見ることができたので、今年は良い年になることでしょう。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
2018ビッグニュース
2018/12/31(Mon)
2018年は、東村山市内でオオタカが繁殖成功するという嬉しいニュースがありました。私が知る限り、市内では2010年以来のできごとです。
オオタカは生態系の頂点に君臨する生き物ですから、東村山にはそれなりに豊かな生態系が残されていると言えます。と言っても主な餌は、増えてしまったドバトと思われますが・・・
生物多様性保全の象徴としても、今後もオオタカが繁殖できる環境が守られていくことが望まれます。

オオタカ180716b
オオタカ

オオタカ180716a
オオタカ
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
12月になっても
2018/12/23(Sun)
12月の暦になっても虫に会えるだろうかと、2日は仙台MF台原森林公園で探してみました。
すっかり冬の様相ですが、アキアカネはまだ健在で、思いのほか多くの個体が見られました。みんな暖かそうな場所にとまっています。

アキアカネ181202
アキアカネ

林縁にトビナナフシも1頭。こんな時期にもまだ頑張ってるとは驚きでした。彼女がいたのはついさっきまで日当たりの良い場所だったんですが

トビナナフシ181202
トビナナフシ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
マガモが乗っ取り
2018/11/30(Fri)
23日は、MF北山公園の池も覗いてみました。
元々カルガモぐらいしか来なかったのに、数年前から冬にマガモも見るようになり、今では乗っ取られたように冬はほぼマガモだけになってしまいました。人を気にすることなくオス・メス混ざってのんびりしています。

マガモ181123
マガモ

マガモ♂181123
マガモ(オス)

池のそばにはジョウビタキ♀も見られました。

ジョウビタキ181123
ジョウビタキ
この記事のURL | 東村山他の場所 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
まだまだ多くの蝶が
2018/11/27(Tue)
温暖化で東村山は、紅葉もやっと始まりといった感じです。23日は東村山MFでまだまだ多くの蝶が見られました。
あちこちに咲く外来種センダングサの仲間には、陽当たりのよい所にたくさんの蝶が吸蜜に来ます。最も多いのはヤマトシジミです。

ヤマトシジミ181123
ヤマトシジミ

ウラナミシジミは盛んに飛び回り、ヤマトシジミにちょっかい出していきます。

ウラナミシジミ181123
ウラナミシジミ

ベニシジミは繁殖行動をとっているものがいくつか見られました。

ベニシジミ181123
ベニシジミ

モンキチョウも盛んに飛び回っていますが、一瞬吸蜜にとまるシャッターチャンスを待ちました。

モンキチョウ181123
モンキチョウ

新鮮なキチョウは、このまま成虫越冬にはいります。

キチョウ181123
キチョウ

ツマグロヒョウモン♂は、かなり破損していても元気でした。

ツマグロヒョウモン181123
ツマグロヒョウモン

雑木林では陽だまりに、きれいなルリタテハが日光浴をしていました。

ルリタテハ181123
ルリタテハ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
横着者
2018/11/24(Sat)
18日は、短時間だしどうせ鳥の撮影チャンスはないだろうと、望遠レンズを持たずに台原森林公園に向かいました。
今までさんざん横着するとシャッターチャンスを逃すとわかっているのに・・・
そして、やっぱり予想外の鳥に遭遇しました。しょうがないので、90mmマクロレンズで撮影です。
今シーズンも池にオカヨシガモが来ていました。昨シーズンがここでは初めての確認でしたが、気に入って戻って来たのでしょうか?
ただ、全国的にも最近は増えていると言われています。水面に映る紅葉の中でいい感じだったのですが、なかなかいい色が出せませんでした。

オカヨシガモ♀181118
オカヨシガモ♀

オカヨシガモ♂181118
オカヨシガモ♂

さらに、ヨシガモもペアで来ていて、やはり昨年お気に入りとなって戻って来たのでしょうか?

ヨシガモ181118
ヨシガモ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
虫は見納め?
2018/11/21(Wed)
18日、晴天無風ながら今シーズン一番の冷え込みの中、台原森林公園で虫と会えるのは今年最後かと出かけてみました。
アキアカネはまだまだ姿が見られますが、もっぱら日当りの良い低い場所で静止しています。

アキアカネ181118
アキアカネ

ウラギンシジミは1頭だけ、日向ぼっこをしてるのが見られました。

ウラギンシジミ181118
ウラギンシジミ

散りかけた赤く染まったドウダンツツジの上には、例年のようにセスジツユムシがいました。

セスジツユムシ181118
セスジツユムシ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
小春日和の虫たち
2018/11/18(Sun)
11月3日、仙台MFの台原森林公園では、小春日和に誘われるように少数の蝶が舞っていました。
弱々しく飛んでいたツマグロヒョウモン♂が、芝生の上の枯れ葉にとまりました。

ツマグロヒョウモン181103
ツマグロヒョウモン

ウラギンシジミ♀も降りてきて、草の上で日向ぼっこのようです。

ウラギンシジミ181103
ウラギンシジミ

ここではこの時期の水辺で、オオアオイトトンボがよく見られるようになります。

オオアオイトトンボ181103
オオアオイトトンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
海辺のアカトンボ
2018/10/31(Wed)
28日は、仙台の干潟にも顔を出してみました。
周辺の水たまりなどにはアカトンボが見られますが、この1週間で気温がグッと下がったせいか数が激減した感じです。そのほとんどはアキアカネでした。

アキアカネ181028
アキアカネ

そんな中にごく少数のタイリクアカネが見られました。タイリクと名が付いても外来種ではなく、海辺で見られることが多い種で、北海道から九州まで分布するのに不思議に関東にはいないんです。アキアカネと似ていますが、翅の前縁が橙色をしています。

タイリクアカネ181028
タイリクアカネ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ