八国山たいけんの里 -野鳥観察会2018-
2018/02/18(Sun)
12日、東村山MFで毎年恒例の八国山たいけんの里の野鳥観察会が行われました。
北山公園ではツグミやセキレイ3種等、いろいろじっくり観察できました。

ツグミ180212
ツグミ

八国山では鳥たちの顔ぶれがやや寂しかったのですが、それでも参加された皆さんには楽しんでもらえたようでした。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
別の森では
2018/02/11(Sun)
4日、冬の小鳥を求めて別の森、仙台の街はずれの県民の森へ行ってみました。
マヒワだけは元気に飛び回っていますが、止まっても木の上高い所が多くて撮影は苦戦です。

マヒワ180204
マヒワ

やっとアトリの群れに遭遇しましたが、こちらもなかなかいい所には来てくれず、カエデの種を食べに止まったところをなんとか撮影できました。

アトリ180204
アトリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
森も草地もさっぱり
2018/02/06(Tue)
3日、台原森林公園では水辺の鳥は楽しませてくれましたが、森や草地ではさっぱり冬鳥が見つかりません。
ハクセキレイはいつものようにフレンドリーです。

ハクセキレイ180203
ハクセキレイ

そして、この日唯一撮影できた冬鳥はジョウビタキ♀でした。

ジョウビタキ180203
ジョウビタキ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
メンバーチェンジ
2018/02/05(Mon)
2月3日、やや寒さも緩んだので、先週の台原森林公園のカモたちはどうなったか確認しに行ってみました。
水面に氷はありませんでしたが、常連のカルガモの他、オカヨシガモ♂♀、ヨシガモ♀、コガモ♂♀はこの日も見られました。

オカヨシガモ180203
オカヨシガモ(オス)

そして、メンバーチェンジがあり、オナガガモとヒドリガモが去り、北方から越冬にやって来ているホシハジロのペアがここでは初めて確認できました。

ホシハジロ♂180203
ホシハジロ(オス)

ホシハジロ♀180203
ホシハジロ(メス)

マガモ♂も今日は姿を見せました。

マガモ180204
マガモ(オス)

カモではありませんが、オオバンもやって来ました。

オオバン180203
オオバン
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
南三陸の海
2018/01/31(Wed)
28日、南三陸町の沿岸に向かいました。ここは藻場(海草)の海が評価されて、ラムサール湿地に今年登録される見込みです。そして、国天然記念物の絶滅危惧種コクガンの越冬地にもなっています。今までちゃんとコクガンが撮影できてなかったので、遅まきながらコクガンに会いに行きました。
最初に大きめの漁港で10羽程の群れを見つけましたが、逆光で距離も遠目で良い写真は撮れずでした。
その後、念のためにと覗いてみた小さな漁港で、船着き場の水際で海草を食べている1羽のコクガンに出会いました。逃げないように距離を取って撮影してましたが、明らかに私に気が付いてるのに全く警戒せず、逆にどんどん近づいて来ます。10m以内にまで寄って来てビックリです。そしてたくさん食べて満腹になったのか、泳いで沖に去って行きました。

コクガン180128c
コクガン

コクガン180128b
コクガン

別の漁港ではヒドリガモと一緒に海草を食べている小さな群れがいました。この日は会えたコクガンの数は多くありませんでしたが、じっくり撮影・観察して帰路につくことができました。

コクガン&ヒドリガモ180128
コクガン&ヒドリガモ

コクガン180128a
コクガン
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
新兵器レンズ
2018/01/30(Tue)
27日の新兵器レンズのデビューでは、若干ながらカモ以外もMFで撮影できました。しかしながら、その性能を感じられるような場面に遭遇せず、評価はお預けです。
雪が溶けてわずかに表れた地面ではアオジが餌を探していました。

アオジ180127
アオジ

雪が残る池の水際ではダイサギが見られました。

ダイサギ180127
ダイサギ

雪の隙間の小さな水路ではセグロセキレイが餌を探していました。

セグロセキレイ180127
セグロセキレイ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
驚きのカモ三昧
2018/01/29(Mon)
27日、新兵器シグマ150-600mmレンズを手に、仙台MFの台原森林公園でデビュー戦に臨みました。
まだ残雪が10cm程あり、歩き回ることが難しかったので、池で何か撮れればと向かいました。1日中0℃以下の日が3日間続くなど、仙台も厳しい冷え込みとなっていて、池も半分以上が結氷していました。ところが広くはない水面を見て目を疑いました。普段カルガモぐらいしか見れないのに、数種のカモが入り乱れているのです。カルガモ以外は主に越冬にやって来る種たちです。
エレガントなオナガガモは1ペアが見られました。各地に普通に見られますが、この池では初見です。名前の通りにオスは長い尾を持ちます。

オナガガモ♂180127
オナガガモ(オス)

オナガガモ♀180127
オナガガモ(メス)

オカヨシガモは2ペアがいたようです。あまり見ることはない種で、もちろんこの池では初めてです。オスでも珍しく地味な姿をしています。

オカヨシガモ♂180127
オカヨシガモ(オス)

オカヨシガモ♀180127
オカヨシガモ(メス)

人気のヨシガモはメスだけがいました。やはりこの池では初めてですが、華麗なオスがいなかったのは残念。

ヨシガモ180127
ヨシガモ(メス)

普通に見られるヒドリガモもメスだけがいました。この日4種類目のこの池での初見のカモです。

ヒドリガモ180127
ヒドリガモ(メス)

まれにこの池にやって来るコガモは数羽のオスがいました。

コガモ180127
コガモ(オス)

そして、この池の常連カルガモです。仲良くペアになっているものが見られました。

カルガモ180127
カルガモ

この小さな池でなんと新顔4種を含む6種のカモを見ることができ、まさにカモ三昧です。近隣の生息池などが結氷して、行き場を探してたまたまこの池に立ち寄ったのでしょうか。新兵器の威力は発揮できませんでしたが、しばらくカモたちが楽しませてくれそうです。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
変わり映えせず
2018/01/18(Thu)
13日、この冬3度目の宮城のラムサール湿地蕪栗沼遠征です。
10万羽近くが越冬に渡来している天然記念物マガンは、相変わらず沼周辺の水田地帯にたくさんいて、伸びをしてくつろいだりしています。

マガン180113a
マガン

しばしば上空も飛び交っています。

マガン180113b
マガン

ランクの高い絶滅危惧種のヨシ原の猛禽類チュウヒも、いつものように時折ハンティングか沼上空を舞います。

チュウヒ180113b
チュウヒ

チュウヒ180113a
チュウヒ

これだけでも全国的に見れば十分希少な成果ですが、目的の鳥に会えなかったこともあり、ここではすっかり見慣れてしまって、全然変わり映えしないなあと感動も薄れてしまうのでした。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
真冬の野鳥 -土曜講座-
2018/01/12(Fri)
6日、東村山の小学校3校合同の土曜講座野鳥観察会をMFで実施しました。
この冬一番の冷え込みだったようで、公園の池は氷りついていました。越冬に来ているマガモが、その上をよたよた歩いています。

マガモ180106
マガモ

みんなのすぐ目の前にもやって来て、オスの構造色で緑に輝く頭をよく見ることができました。

マガモ180103
マガモ

コサギも餌を捕れる場所を探しています。

コサギ180106
コサギ

お昼頃には気温が上がり、池の氷が溶けてくるとカワセミもやって来ました。

カワセミ180106
カワセミ

林の中では鳥たちの動きが早くて苦戦しましたが、ヒヨドリなどを見ることができました。

ヒヨドリ180106
ヒヨドリ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
東村山MF鳥初め
2018/01/09(Tue)
東村山マイフィールドでは3日が鳥初めになりました。強風が吹き荒れていましたが、林内は比較的穏やかです。
じめじめした場所ではミミズなどがよく捕れるのでしょう、冬鳥の大型ツグミ3種が地面をほじくっているのが見られました。
アカハラは1羽でしたが、警戒心が薄く一番じっくり観察できました。

アカハラ180103
アカハラ

シロハラは複数いたものの、暗めの所にいて撮影条件はよくありませんでした。

シロハラ180103
シロハラ

ツグミはまだ少し警戒心があるようで、すぐ樹上に逃げ去るようにします。

ツグミ180103
ツグミ

開けた菖蒲田では、ジョウビタキのメスがなわばりを確保しているようでした。

ジョウビタキ180103
ジョウビタキ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ