緑のきらめき
2018/07/16(Mon)
7月1日、緑にきらめくミドリシジミの仲間、ゼフィルスを求めて仙台郊外の泉ヶ岳へ向かいました。今回は最強の大先輩がご一緒してくれたので大船に乗った気分です。
7時前に第一のポイントに着くと、まだ条件が整わないのかゼフィルスは見当たりません。しばらく待っていると、ポツポツと姿を現し始めました。最初に林の中の陽だまりに降りて来てくれたアイノミドリシジミのオスは、やや擦れて角度が微妙で輝きがもう一つでした。

アイノミドリシジミ180701a
アイノミドリシジミ

しかし、この1頭を皮切りに、アイノミドリシジミの緑のシャワーといった状態になりました。次々と目の前に舞い降りてテリトリーを張ったり、卍巴飛翔を繰り広げたりしています。頭の方から撮ると緑に強く輝きます。

アイノミドリシジミ180701b
アイノミドリシジミ

翅裏だけだと同定するのはなかなかやっかいです。

アイノミドリシジミ180701u
アイノミドリシジミ

10時前になると活動時間も終わり、アイノミドリシジミはパッタリ姿を消してしまいました。
そこで、今度はメスアカミドリシジミを狙って第二のポイントに向かいます。活動時間の10時を過ぎるとあちこちに姿が見られました。しかし、なかなか目の前すぐの所には来てくれません。

メスアカミドリシジミ180701a
メスアカミドリシジミ

場所を替えてみると、今度は数は少ないもののサービスの良い個体がいました。

メスアカミドリシジミ180701b
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ180701u
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミの活動時間も終わりに近づき昼食を食べていると、翅裏が金色のウラキンシジミが現れました。

ウラキンシジミ180701
ウラキンシジミ

おまけに渓流性のクロサナエも姿を見せてくれました

クロサナエ180701
クロサナエ

この日は目当てのゼフィルスを堪能でき、大先輩A氏に感謝いっぱいです。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
山奥の森の池沼 -カエル-
2018/06/30(Sat)
24日に訪れた森の池沼には、いろいろな水辺の生き物がいました。
池沼の周囲の枝先には、モリアオガエルの泡の卵がたくさん見られました。産卵後かなり時間は過ぎてるようで、泡は表面が茶色がかっています。

モリアエガエル卵180624
モリアオガエル卵

水際にはモリアオガエルの成体も見られました。

モリアオガエル180624
モリアオガエル

ツチガエルの声も聞こえてきて、やはり水際に成体が見られました。

ツチガエル180624
ツチガエル

水の中には種ゲンゴロウやイモリがいて、これらのオタマジャクシを捕らえようと待ち構えています。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
山奥の森の池沼 -トンボ-
2018/06/28(Thu)
24日、宮城加美町の山奥の池沼にトンボを探しに行ってみました。道のない森の中をクマに遭遇しないかと心配しながら、少し迷ったものの目指す池沼にたどり着きました。
たくさん見られたのはエゾイトトンボで、連結しているペアもいます。

エゾイトトンボ180624
エゾイトトンボ

春のトンボ、コサナエもまだ何頭も見られます。

コサナエ180624
コサナエ

ニホンカワトンボ、アオイトトンボやモノサシトンボも見られましたが、いずれもよく見かける種ばかりです。

ニホンカワトンボ180624
ニホンカワトンボ

アオイトトンボ180624
アオイトトボ

モノサシトンボ180624
モノサシトンボ

そして、やっとなかなか見られないオゼイトトンボの連結しているペアが見つかりました。東北日本の特産種になります。

オゼイトトンボ180624
オゼイトトンボ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
梅雨空の仙台MF
2018/06/24(Sun)
週末の雲行きが怪しかったので遠出はあきらめて、17日はMF台原森林公園で華麗なシジミチョウ、ゼフィルスを探してみました。
しかし、暗めの森では目に付くのはジャノメの仲間ばかりです。

コジャノメ180617
コジャノメ

クロヒカゲ180617
クロヒカゲ

よく見るとヒメウラナミジャノメはきれいな模様をしています。

ヒメウラナミジャノメ180617
ヒメウラナミジャノメ

やっとゼフィルスが1頭、ミズイロオナガシジミが見つかりました。

ミズイロオナガシジミ180617
ミズイロオナガシジミ

ふと見ると林縁にオナガサナエがとまっていました。ここでは初めての確認です。

オナガサナエ180617
オナガサナエ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
小さなヤンマ
2018/05/30(Wed)
25日、新潟新発田市の里山でサラサヤンマに会いました。
大きな種類が多いヤンマの仲間ですが、シオカラトンボ程の大きさの小さなヤンマです。雑木林の脇の空間でオスが縄張りを形成していました。

サラサヤンマ180525b
サラサヤンマ

サラサヤンマ180525a
サラサヤンマ

近くにはダビドサナエも見られました。

ダビドサナエ180525
ダビドサナエ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
暗い森で
2018/05/26(Sat)
20日、利府町の県民の森に出かけました。森の木々はもうすっかり若葉が茂り、夏鳥の季節になっています。
暗い森の中でクロツグミに出会いました。私の近くに降りてきて、地面をほじくって餌を探していました。出かけた時間が遅かったせいか、囀りは聞かなかったのでちょっとびっくりしました。

クロツグミ180520a
クロツグミ

クロツグミ180520b
クロツグミ

暗い森を好むサンコウチョウも、月日星と名前の由来の囀りが時々聞こえてきます。近くに来ないかとしばらく待っていると、英名にパラダイスと付く華麗な舞姿で私の前を横切って行きました。

サンコウチョウ180520a
サンコウチョウ

サンコウチョウ180520b
サンコウチョウ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
華麗なハンター
2018/05/25(Fri)
19日、仙台市内にハヤブサを見に行きました。空中で鳥を襲う生態系の頂点に立つハンターで、絶滅危惧種(環境省・宮城県)に指定されていますが、仙台では市街地近くで繁殖しています。もうすぐ巣立ちの時期を迎え、この日も捕えた鳥を運んでいるのが観察できました。

ハヤブサ180526c
ハヤブサ

ハヤブサ180526b
ハヤブサ

ハヤブサ180526a
ハヤブサ(餌運び)
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
元気に囀り
2018/05/19(Sat)
8日、思いのほか寒い福島会津美里の山中にいました。
渡って来て間もないオオルリが、渓谷に張り出した梢で元気に囀っていました。

オオルリ180508a
オオルリ

オオルリ180508b
オオルリ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
効果あり
2018/05/15(Tue)
MFの八国山では、所属する北川かっぱの会の意見も踏まえ、東京都により生物多様性保全に取り組んだ整備が行われています。5日はそのうれしい成果と思われることがありました。
トンボにも配慮して整備してもらった湿地を覗くと、水面を大きなトンボが飛んでいます。クロスジギンヤンマのオスが、パトロールしているのでした。東村山では初めての確認です。

クロスジギンヤンマ♂180505
クロスジギンヤンマ(オス)

きれいな飛翔写真をと頑張っていると、目の前にいきなりもう1頭大きなトンボが舞い降りてきました。クロスジギンヤンマのメスです。そのまま産卵を始めました。

クロスジギンヤンマ♀180505
クロスジギンヤンマ(メス)

トンボに配慮した整備が効果を発揮し、クロスジギンヤンマを誘導したようです。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
GWの林の中は
2018/05/13(Sun)
GW終盤の5日、久しぶりに東村山MFを歩いてみました。今春は桜の開花から季節の進行が異常に速いようで、MFではもはや早春の蝶も全く見られず、すっかり初夏のような感じです。
林の中ではジャノメチョウの仲間がよく見られました。蛇の目模様がよく目立つコジャノメがいました。

コジャノメ180505
コジャノメ

サトキマダラヒカゲは樹液によく集まります。

サトキマダラヒカゲ180505
サトキマダラヒカゲ

林の中で最もよく見かけたのはクロヒカゲでした。

クロヒカゲ180505
クロヒカゲ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ